wind-troupe/風組’s blog

斬新な形で宝塚にハマり、普通とはなんだか違う角度から宝塚を楽しむ竜宮子のブログ★小学校・野球、中学・バスケ、高校・ソフトボール、社会人・バレー/ボード/空手。車・バイクも好き。という、宝塚の「た」の字もない人生からの劇的な出会い★日々宝塚♪時々ただのアホアホ日記♪

宝塚への誘い方

キンモクセイの香りが漂う季節、秋。季節の中で1番秋が好きな宮子です。

宝塚観劇、皆さんはどのように誘っているでしょうか?
どうでもいい、私の戦法をご紹介します!

見たことがない人に対しては、さりげな~く、でも熱く宝塚について語ってみての様子で誘います。「1回見てみたいんだよな~」となれば、それはもう!即!計画を立て始めます (^o^)/

見たことがある人は、前回の観劇からどのくらい期間が空いているのかで誘います。とにかく遠征費が高いですからね。1年経っていれば迷わず誘ってみます。

行く人が見つからない時のとっておきの相方は母上です。
宝塚ファンとは言えませんが「本物」を見ることは好きなようで「チケット取れそうだけど行く?」に対して、いつも即答で「行く!」と答えてくれます。笑

今は観劇経験のない友達2人を口説いていますが、2人共「ハマりそうだから行かないっ!」と全面拒否 (^^; そのうちの1人は「死ねばいい」発言をした親友です。

拒否がすごくて、私が「ほら、ハマるって言っても、私みたいに爽やかにハマるくらいならいいじゃん」と言ったあとの返事が面白かったんです!
「今までの私を見てよ!1度ハマったらハマり方が凄かったでしょ!?もし宝塚にハマったら多分引っ越す!だから絶対に行かないっ!」と拒否の勢いが凄すぎ。
もう、爆笑。

そう言われてみてヤツの過去を振り返ってみたら、初恋の相手は小学生の時にテレビでやっていた「幽遊白書の蔵馬」で、高校時代は「ベルばらのオスカル」に恋をしてた… オスカル女だけど。笑
そういえば当時、オスカル以外にもフェルゼンだのアンドレだの言ってたな~と思い出しました。だからこそ宝塚に連れて行きたい!

そんな、ハマり方が凄いというか、異常が故に何よりも固い意思を持つ友。しかし行かないと言いつつも、実は陰で宝塚を調べているらしい (^^) 様子を伺いつつ誘いたいと思っています。

さてさて、最後に私が誘われた話についてです。誘ってきた相手は、みりお贔屓の職場のM先輩です。

6月の話ですが、先輩も私も資格取得のための試験がありました。私の試験は16日に終わり、17・18・19が三連休。それを先輩に伝えると「私、18日休みだから王家に行ってもいいよ~(^o^)」と、誘ってもないのに上から誘ってきました。
先輩は「行きたい」ではなく「行ってもいいよ」と上から来るんです。笑
なので「先輩!「行ってもいいよ」というのは、私が誘った場合の返事ですよね!?私、まだ誘ってないんですけど!」とお返ししました。笑

その時は遠征費に余裕はなかったので一旦は断ったものの、先輩と休みが合うのは珍しく、何より王家に捧ぐ歌は名作。まぁ様のお披露目でもあったため、少し迷った末に行くことにしました。もちろん行って良かったです (^-^)

ちなみに先輩の試験は24日。試験前にいいのかと聞くと「そんなこと関係ない」と。もし公演が試験の前日でも行くというので、さすがにそうだったら誘えないと言うと
「前日に1日だけあがいたところで結果なんて大して変わらないよ~!」
と言い切る先輩。開き直り方が潔くてカッコいい!笑

それで試験はというと…
2人共無事合格!良かった良かった (^o^)v

そんな先輩と行く次の公演は「新源氏物語」です♪
みりおさんの公演だけは「ふふふ。みりおは見たいから連れて行ってください。笑」と、ちゃんと下からお願いされました。笑
常に私がチケットを手配したり、遠征の日程を調整したりしているので「連れて行ってください。」なんです (^_^)v

今のところ舞音遠征が終ると予定ナシ (*_*)
シェイクスピア見たいよ~。1人で行くこと自体は何の問題もありませんが、問題は金なんです、お金っ!交通費!もう1度、高速の上限千円をやってくれないかな。
それか、地元のローカル誌で「宝塚、一緒に行きませんか」って募集しようかな~!

嘘 (^_^;)

ひとまず舞音の良席が取れますように!


おわり