wind-troupe/風組’s blog

斬新な形で宝塚にハマり、普通とはなんだか違う角度から宝塚を楽しむ竜宮子のブログ★小学校・野球、中学・バスケ、高校・ソフトボール、社会人・バレー/ボード/空手。車・バイクも好き。という、宝塚の「た」の字もない人生からの劇的な出会い★日々宝塚♪時々ただのアホアホ日記♪

舞音遠征日記③ ~開演から1幕終演まで~

ザ・タカラヅカが届いてルンルンの宮子です😁💕

さぁさぁ舞音遠征日記!

開演のブザーとアナウンスが流れ、幻想的な舞台にせり上がってきた美しすぎる人・美弥さん。
どの公演でも、あの開演直後の幻想的な雰囲気が大好きです。鳥肌が立つ。
そしてジェンヌさん達の香りが客席に流れ込み、より一層夢の世界感を引き立たせます✨
4時間の運転と安くないチケット代を払う価値が、ここにはある。

ストーリーは、理解力のない私でもとてもわかりやすかったです!
素直に真っ直ぐ愛すシャルルに萌え。

まずは船に乗ってインドシナへご到着のフランス軍。白い軍服好き好き~😍皆さんとってもお似合いです!

船を降りたら、もうそこは東南アジア
竹を使った舞台セットと音楽で雰囲気完璧!
ガイズの時はアメリカンムードがプンプン。
同じ舞台なのにこなに違う世界を作れるなんて、宝塚って凄いな~✨

まさ男さんシャルル。
シャルルみたいなちょっと固くてレールの上を歩いてきた男が、マノンのような女に惚れるとやっかいですね😅
誰が何と言っても逆効果。1度走り出した恋は放っとくベシ。笑

シャルルがマノンに騙されたと思い、腹いせにカロリーヌと婚約&目の前でキス。それを見てマノンも傷付いたでしょうが、最終的に1番傷付いたのは婚約者のカロリーヌですよね😅
マノンが死んでしまった以上ハッピーエンドではないにしても、本気で愛せる人に出会って短くても苦しくても心から愛せたシャルルは幸せだと思います。

ちゃぴマノン。
たぶらかすね~。笑
マノンは芯の強い女性。誰のものにもならない掴めない感じがモテる秘訣でしょうか?

「流刑地への船着き場」のシーン。
マノンが民謡を歌い出す。静寂の舞台でちゃぴマノンの歌声が切なく響く。それに合わせてその場の人々も歌い出す。あの雰囲気、なんだろうな。苦しさ悲しさと希望が入り交じったような… グッときました。

美弥さんシャルル。
セリフがないからこそ雰囲気がイイ~✨
本当に綺麗だった「運命の出会い」のシーン。色気ダダ漏れ
ゴロンゴロンがエロすぎ。何回ゴロンゴロンするの~😍
シャルルと舞音のベッドシーンより鼻血もの。セリフがないからこその色気。あれはヤバい。

たまきさんクオン。
いよいよ2番手!今回のプチ悪役?、しっくりハマっていたと感じます。というか、歌が良い!もっと聞いていたかったです!これからが楽しみですね😆

カチャクリストフ。
いい人だな~。唯一裏がないというかキレイな人物。どんなシャルルでも友達でいてくれる。ああいう存在は人生の宝です。

とし君ソン。
お主もワルよのぉ~。

マギーさんギョーム。
あんな迫力ある警察長官がいたら、私ならすぐ降参します。

アーサカオ、いい声~✨

わかばちゃんカロリーヌは、とにかく可愛そうでした。私まで辛くなるフラレっぷり😰
海乃さんホマも、必死で生きてる感が出ていて良かったと思います。


最後はロミジュリみたいに天国で幸せに踊る2人を見たかったですが、シャルルは死んでないか!
あのあとシャルルはどうなったんだろう…

私がシャルルだったら迷わず後を追う。
ロミオがジュリエットを、ジュリエットがロミオの後を追ったように。
仕事とプライドを捨て、仲間とも別れてまでマノンを愛していたから。もうマノンのいないこの世に未練などない。この世での命など、何の意味があるのだろうか。

アイーダも命を落とすとわかっていて地下牢へ行きましたよね。
愛の力は凄いな~!

はい😌

飽きることなく見終わった舞音。やはりもう1回見たい!複数回観劇できるファンの方々が羨ましいです😢

また節約してBlu-ray買うかな~👛


ではまた次回!


つづく