wind-troupe/風組’s blog

斬新な形で宝塚にハマり、普通とはなんだか違う角度から宝塚を楽しむ竜宮子のブログ★小学校・野球、中学・バスケ、高校・ソフトボール、社会人・バレー/ボード/空手。車・バイクも好き。という、宝塚の「た」の字もない人生からの劇的な出会い★日々宝塚♪時々ただのアホアホ日記♪

Ernestの事前勉強

宮子です。
今朝、会社の研50くらいの大先輩に話しかけられました。
「卒業式があってな~」
(お孫さんの卒業式かな?)
「宝塚の😌」
「(笑)あー!昨日あったみたいですね~😂」
かなり笑えました。まるで自分の事を話すようなテンションでしたから😂

その大先輩、今は亡き奥様が宝塚ファンでした。ご健在だったら一緒に観劇遠征したのにな~😢
奥様の影響で宝塚のことは一般人より知っているので、チョイチョイ宝塚ネタで話しかけてきてくれます。
研50ですから、そろそろお別れの雰囲気。ここ数年で研20以上の上級生が定年でドンドンと退職していて…😢わかっていることでも寂しいです。


さて!Ernest in Loveの動画を見ました。
大劇場や東宝までの距離が近いファンの方々は、チケットさえ取れれば1公演複数回観劇が可能かと思います。
しかし私は、どちらに行くにしても交通費だけで1万を超えますし、何より移動時間も半端ない。1公演1回の観劇しかできません。その1回に懸ける情熱は凄まじいものがありますのよ。

チケット争奪合戦から始まり、勤務の調整や突然の不幸がないことを祈ったり… etc

それで私、相当理解力がないんです。
初観劇の前田慶次は本当にパッパラパーからの爆睡でしたので、2回目のパックの時はキチンと観劇するため、事前に涼風真世さんのパックを見てから行きました。

3回目の伯爵令嬢の時は、まだプログラムを事前にゲットする発想がなかったものの、皆様の感想ブログでかなり助けられました。とりあえず萌え萌えなんだ、と。

4回目の白夜の誓いでも、また当日のプログラムゲット。美しい世界を堪能できたものの、内容についてはイマイチ付いていけず。後々買ったBlu-rayでしっかりとわかりました。

Blu-rayを買った公演については「なぜこのシーンを見逃したんだ〰😫」などと悶えています。

以上の反省を踏まえて、カリスタ遠征の時から事前にプログラムをGETしています。
まずプログラムが届いたらしっかり読みこむ。そしてファンの皆様の感想ブログを読み漁って笑いドコロや泣きドコロの把握。満を持して観劇遠征へ!

ということで、アーネストもプログラムGET!
HANKYU BOOKSさんからは、少し丈夫な箱に入れられて届くプログラム。我が家のポストはその箱に対して少し小さい📫無理やりとまでは言いませんが、押し込まれていたようで箱にはその時のシワが。これで中のプログラムまでシワが入ってたら…
配達業者コロ○ぞっ🔪(*`Д´)ノ!!!
はっΣ(゚Д゚)暴言いけないいけない💦

そして、前回の動画を見ました。
感想は、とりあえず役が少ないなぁと。理解力がない私にとっては有り難くもあり、でも物足りなさを感じたのも素直な感想。
内容は、最後にちゃんとまとまって終わってくれたのでスッキリしました😄そして、ほのぼのコメディですね😌ガイズは激しいコメディでしたから、それと比べたらほのぼの😊

ガイズを見るまでは宝塚の舞台はコッテコテの恋愛オンリーがいいと思っていましたが、ガイズを見たことにより、コメディもイイネ!と思うようになりました。
メランコリック・ジゴロも最高でした😆

母上とは、パック・ガイズ・メラジゴを観劇しましたが、母上はプログラムも感想ブログも見ていません。
心配した私は「内容わかった?」と聞いてみました。すると「普通にわかる。」と母上。
母上は私と似ず理解力があるようで😅私の理解力のなさは父上似のようです。笑


ということで!アーネストの予習はバッチリ!あとは、自分だけでなくお婆ちゃん達の健康を祈りつつ当日まで過ごし、事故なく中日劇場に行くのーみ!

🎵も~いぃくつ寝ぇ~ると~、アァ~ネスト~🎵


おわり