wind-troupe/風組’s blog

斬新な形で宝塚にハマり、普通とはなんだか違う角度から宝塚を楽しむ竜宮子のブログ★小学校・野球、中学・バスケ、高校・ソフトボール、社会人・バレー/ボード/空手。車・バイクも好き。という、宝塚の「た」の字もない人生からの劇的な出会い★日々宝塚♪時々ただのアホアホ日記♪

るろ剣遠征日記③~1幕。やっぱり生の舞台は迫力が違いますな~

まだまだ青春真っ只中!
宮子です。

肉体年齢は止まってくれませんが、心は永遠の20歳!ということで、昨夜の23時の青春な出来事。

今日も仕事だったので、そろそろ寝るか~と思っていたところに近所の幼馴染Sから電話。Sは誕生日だったので、おめでとうLINEをしてありました。
「もしも~し」
「今家にいる?」
「いるよ~。」
「1つ歳をとって何かやりたくて、人生初のピアスを開けたいんだ!開けてくれない!?」
「え!私やったことないけど!」
「ピアッサーはあるから♪」
「いいけど…いつ?」
「今♪」
「今!?どこで!?」
「宮子の家かウチで♪」
やけに高揚している様子のS。しょうがないな~とSの家へ。歩いて30秒。近っ

まずは場所決め。
どの辺がいいかと聞かれても、私もピアスは開けたことないのでわからない。スマホで画像を見ながらペンでチェック。
いよいよピアッサーを耳に!
「あ〰!怖い怖い!」
と実行できない私。ピアッサーを当ててはやめての繰り返し。しかし、そうこうしているうちに時間が過ぎ、あと20分で日付けが変わってしまう。心を決め、えぇーい!
「ガシャッ」
できた o(^o^)o

その勢いで右耳もガシャッ!
ピアスが装着された耳を嬉しそうに鏡で見るS。すると笑いだしたので何かと思ったら、
「ズレてる~笑」
f:id:wind-troupe20140703:20160417000920j:image
ペンで点を打った位置からズレてるピアス。笑
「ごめんごめん!だから素人にやらせちゃダメなんだって~。笑」
左耳はバッチリでしたが、右の時のピアッサーが若干固くて。力を入れた時に少しズレた模様。
S、すまん。笑

という、まるで高校生のような事を深夜にやっていた宮子でした。


さぁ本題いきましょう!
場面ごとではなく個々の感想でいきます!

⚪チギさん剣心
2Dを3Dで表現する匠。人は彼の事を「平面と立体を結ぶ熱血案内人」と呼ぶ。(before after風に)
チギさんじゃなきゃできないでしょ、剣心。
みり男さんが剣心?いや違う。
ましゃ男が剣心?信長でしょ。
みっちゃんが剣心?渋いな。
まぁ様が剣心?トートかな。
各々に合った役がある。剣心ならやっぱりチギさんですね。
ルパンと言い剣心といい、チギさんは宝塚に新しい風を吹かせていますね!

⚪ゆうみちゃん薫
ピッタリなお役。声の調子が良くない?と噂には聞いていましたが、そう聞くといつもの透明感がない気がしました。千秋楽まで、そしてローマの休日ファイトだ〰!
あと、剣心の心に必死でついて行こうとする薫。それが普段のゆうみちゃんと似ている気がしました。

⚪だいもん加納
だいもん加納は、和装より洋装がいいな❤
加納は何がしたかったんでしょうか…?
太夫に入れ込んで辻斬したり、阿片流してみたり、洋館立ててみたり。
だいもんじゃなかったら、私、加納キライ。笑

⚪咲ちゃん斎藤
ちょっとヤダ咲ちゃん。いつの間にそんな男の色気を出せるようになったの!?次元の時はそこまで感じなかった「男の色気」。斎藤一の制服がたまんねぇなオイ❤笑
開襟具合は普通なのに、なぜかダダ漏れの色気❤しかも声まで凄くダンディで。咲ちゃん来たね!
咲ちゃん斎藤の前で悪い事するんで、どうぞ即斬って下さい。笑
今回で咲ちゃんのイメージがかなり変わりました!

⚪翔くん観柳
ある意味注目度No.1!笑う準備は万端!カモーン!
何を言っても面白かった翔くん。観柳はゲスですけど、でもなぜか憎めないキャラ。それはきっと性根は悪人でないから。単純に自分の欲だけに動いてるからでしょうか。
今回役と本人のキャラがかけ離れているのは加納と観柳だと思いますが、そこをイケメン翔くんが上手く演じていました。拍手〰!

⚪大ちゃん左之助
いょっ!待ってました大ちゃん!
思っていた以上に大きい斬馬刀。そして長い長い自己紹介。笑いと拍手が起きていました。
大きい斬馬刀を大ちゃんが振り回して、皆も振り回されて~のコント感がいいね~!蹴りも足の裏で蹴る感じ、まさに本物の左之助でした。

⚪せしこさん恵
妖艶たるや。女医ということで、あんな妖艶な女医さんがいたらドキドキして血圧も脈も上がっちゃうよ~?
「アラ?こんなに脈が早いなんておかしいわね。」
「そ、それは先生が、う、美しすぎてっ❤」
はい。

私の席からだと銀橋の剣心の延長上に恵がいて、オペラで2人を同時に見ることができて最っ高のアングルでした。

⚪きんぐ桂小五郎
るろ剣の漫画だと、私は左之助の師匠である赤報隊の相楽隊長が好きです。
最後はニセ官軍とされ、斬首の後にさらし首になってしまって… その時の衝撃と悲しさは忘れません。涙
相楽隊長は漫画でもさほど登場しませんが、きんぐには桂小五郎と相楽隊長をやってほしかったな~。

⚪がおりさん比留間弟
コミカルな動きで笑いを誘う比留間弟。誰だ!?と思ったらがおりさん。ウマイ!動きだけでもチンピラ感がしっかり出されていました。

⚪れいこちゃん蒼紫
評判通り、いいえ、評判以上の殺人的な美しさ。なんだアレは。生身の人間とは思えない。
れいこちゃん蒼紫に呼ばれたら「ここに!」って私も側転して、いや、バク転して登場します!

⚪みちるちゃん弥彦
弱いのに気だけは一丁前に強い弥彦。それを見事に表現されていました!みちるちゃんの少年役、いいですね!

⚪ひとこちゃん剣心
なんだかひとこちゃんからも色気が漏れてるんですけど~。雪組さん、何かありました?色気の出る薬でも飲んだ?笑
巴とのシーンなんて鼻血出るかと思った~❤

⚪あんりちゃん巴
あんりちゃんもセリフがなかったけれど、表情から巴の強さと切なさを感じました!

⚪美城さん比留間
いや~専科の存在は大きいですね!場が締まるというか。


ファンの方のブログで、1幕は自己紹介みたいな感じだと書いておられ、その通りだと感じました。個人的にはそれが凄く良かったと思います。
原作を知らないお客様もいるだろうし、私のように原作を読んでも忘れている人もいる。「この人の事は知ってますよね」な感じで進められると、ストーリーについていけなくなる。➡寝る。苦笑

また、1幕が終わった瞬間に後方の席の方が「展開が早い!」と仰っていましたが、私にはちょうどいいくらいでした。

あとはプロジェクター?を使っての演出がカッコいい!それに!チギさん剣心が照明が当たると、その影が逆向きになって後ろの壁に映っていて、それがまたカッコ良かったです!
恐るべし宝塚の舞台!凄いなぁ✨

ということで!
内容には触れていませんが、1幕終~わり!


つづく