wind-troupe/風組’s blog

斬新な形で宝塚にハマり、普通とはなんだか違う角度から宝塚を楽しむ竜宮子のブログ★小学校・野球、中学・バスケ、高校・ソフトボール、社会人・バレー/ボード/空手。車・バイクも好き。という、宝塚の「た」の字もない人生からの劇的な出会い★日々宝塚♪時々ただのアホアホ日記♪

前世の記憶

皆さんは、前世を信じますか?私は信じています。
宮子です。

今から5年程前のこと。
幼馴染みでもあり高校のソフト部同期でもある友人Dッチのお母様の知人の関係で、スピリチュアルな占いをやっておられるS沼さんのところへ行きました。Dッチとソフト部後輩Nっつの3人で。

占いは30分5千円。高いなオイッ!
でも、私はその時までそういった高額な占いをしてもらったことがなく「1度くらいなら」ということで向かいました。
ちなみにDッチとNっつは2回目。

どんな事でも占ってもらえるということで、普通の乙女なら恋愛だの結婚だのの占いでしょう。もちろん私も歴とした乙女ですから、恋愛や結婚も気になるところ。
しかし、もっと気になることがその当時はありました。そう「前世」について。
昔から理由がわからない感情がありまして。

①いつでも走れる(逃げられる)ように
だから不安定なヒールは嫌。常にスニーカーでした。でも、逃げなきゃいけないシーンは滅多にない。

②荷物を手に持ちたくない
手が空いてないと不安。何か飛んできた時に防げないから。ですから、バックもリュックやショルダーバック。
これを友人などに話すと「何も飛んできません」と一蹴されていました。
でも、チエさんは幼少期にパーマンのヘルメット被っていて飛んできた空缶から頭を守れましたよね!

はい。
とにかく現世での体験がないのにわけのわからない感情。そこから私が予想したのは、
「前世では、何かに追われて転けて死んだか、何かが飛んできて死んだに違いない。」
だから前世が気になって仕方がありませんでした。 

ちなみにDッチは前世の1つでは、中国にいたそうです。
前世で出会ってる人は現世でも出会うそうで、それが本当なら「みんな前世は中国人ー!笑」とDッチは言っていました。

いよいよS沼さんとご対面。
目を閉じているような開けているような…
どこを見てるかわならない遠い目…(  ̄- ̄)
はぁ~アタシの前世を覗いてるぅ~!そして語り始めたS沼さん。
「中国の…」
と聞いた瞬間に「ぷっ」と吹き出してしまった私。
「中国に興味あるの?」
「いえ!特に!汗」
やっぱり中国にいたんだ。笑

「中国のね…こう、大きな被り物を被っている踊り子…。それがね、あなたの家業だったの。あなたは哲学を勉強したかったけれど、両親に「そんな事やってる場合じゃないでしょ」って家業を継がされたのよ。音楽や踊りに興味ある?」
「いえ、全く。」
「哲学は?」
「(哲学が何なのかよくわからなかったので)興味ないことはないですけど…」
と濁しました。

この時点で私はS沼さんに疑いの目を向けました。だって中国にも音楽や踊りにも興味ないんだもん。でも、
「あ~、あと尼さんだったこともあるわね。」
「尼さん Σ(゚Д゚)」
尼さんの方がしっくりきたんです。
その当時、職場で女性のお客様に相談されるピークでした。仕事が終わったあと出待ちされて。「宮子さぁ~ん(T0T)」って来られたら帰れない。しかも相談内容が、妻子がいる男性を好きになってしまった、とのこと。この相談が本当に多かったんです!
聞いた私はいつも即答で、
「おぅ、やめとけっ!」
と一蹴。
「え~(;o;) 好きなんです~(ToT)」
「じゃぁ相手が奥さんと離婚して結婚してくれって言ってきたらどう?」
「それは困ります…」
「そんな覚悟で好きなんて言うな!もしこれで奥さんと揉めた時、私は○○さんの味方はしないからね!とにかく3ヶ月くらい我慢すれば忘れるから。」
と説教してました。
そして大体の人は、やはり3ヶ月もすればケロッとしてました。「何が好きだったかわかんな~い!笑」とか言ってね。

懐かしいなぁ。時間外手当てを付けてほしいくらいでした、本当に(^_^;)
それが前世でいうと、弱き乙女の味方、駆け込み寺の尼さんとリンクする!と思いました。
それを親友Aに言うと、
「早く鮑とか捕ってきてよ!笑」
そっちの海女じゃないしっ!

ま、とにかくその時の「中国の踊り子」は全く当たってないや~と思い、月日は流れ流れてそれを今思い出すと…
舞台で派手なお衣装で音楽に合わせて踊る。おや?宝塚っぽい (〃∇〃)笑
ただ、尼さんと違って現世では歌えないし踊れない私。女子にはモテるけども。

私は前世で踊り子と尼をやったので、だから現世はまた違うやりたい事を仕事にしてるんだなぁと感じました。 

ということで、S沼さんの占いは… 当たる!
もし来世があるとして、職業が選べるとしたらどーしよーかなー。

だいぶ前の話ですが、職場のN先輩に聞かれた事がありました。「何にでもなれるとしたら、次はどんな仕事がいい?」と。
先輩は「薬剤師。給料がいいから。」とチョー現実的なご意見。もうちょっと夢見ましょうよ!
私は何と答えたかといいますと…
「またこの仕事がいいです!」
それを聞いた先輩は、
「えぇ~マジで (^-^;)」
という反応でしたが、今同じ質問をされても答えは変わりません。もともと初めての将来の夢が現職でしたから。私はジェンヌさんに負けないくらい仕事に対して熱いっすよ。
とか言って、仕事でミーマイに行けなくなった事は一生根に持ちますけどね。笑

過去に本気で辞めようとしたこともあります。2度ほど。でも辞めなかった。辞められなかった。そりゃ「会社に対する不満」はたーーーくさんありますけどね、不満のない会社なんてないし、職業に対しての不満はありません。
自分が憧れてなった職業の不満を言うのは、それを選んだ自分を否定することになる。そんな事はしたくないな。

お、前世の話から始まって、なんかカッコいいこと語っちゃいました。テヘ

さ、特に内容はまとまっておりませんが、明日からもお仕事頑張って稼いで観劇しましょう (^O^)


おしまい