読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wind-troupe/風組’s blog

斬新な形で宝塚にハマり、普通とはなんだか違う角度から宝塚を楽しむ竜宮子のブログ★小学校・野球、中学・バスケ、高校・ソフトボール、社会人・バレー/ボード/空手。車・バイクも好き。という、宝塚の「た」の字もない人生からの劇的な出会い★日々宝塚♪時々ただのアホアホ日記♪

いい鴨見ぃーつけた♪

オタクの気持ちがわかるようになりました。
宮子です。

宝塚に出会うまではスポーツばか。いわゆる脳ミソまで筋肉ってやつで。
学生時代のことですが、家でゲームor読書ばかりしている兄上や、家でPCばかり見ているイトコのOちゃん、農協の駐車場でオンラインゲームをしていた近所の中学生…etc
そんなインドアオタク派の姿に、
「お前ら外で遊べやー(`0´)/ 太陽の下で白球を追いかけろやー!」
などと思っていました。笑
つまり、オタクの気持ちが全くわかりませんでした。しかし宝塚にハマった今、オタクさん達の気持ちが痛いほどわかる毎日です(^○^)

私の友人にオタクはおらず、兄上とイトコのOちゃんからオタク臭が漂っていますが、正真正銘のオタクが5年前に同僚として現れました。
事務員のKちゃんです。自他共に認めるオタク。漫画オタクです。

余談ですが、事務のKちゃんが入社の時の話。
我が社の採用は欠員が出たら採用する方式なので、新卒がほぼおらず9割以上が中途採用です。そのため、本社での入社式に出る職員も少なく、支店の朝礼でチョロッと挨拶があるくらい。
そんな朝礼にやってきたKちゃん。その時私の目に飛び込んで来たのは!?
Kちゃんの爆発的なバスト‼
いや~もぅ凄いですよ、サイズが。確かHカップだったかな。Hカップって、もう君、それホルスタインだよって。笑
あまりの爆乳に、そこにだけ意識がいってしまい自己紹介とか全然覚えていません(^o^;)

その日のお昼休み、お弁当を早々に食べ終えて事務員さんの休憩室に入り込んだ私。
「ちょっとちょっと!あの爆乳何ですか!?」
と興奮気味で先輩達に聞いてみると、
「お前は男かっ!笑」と。
「いや!あれは性別関係なく反応しますよ!」
面接したのは全員が男性。締め切り後に来たKちゃんが受かったこともあり、
「あの胸に堕とされたのか?」
と女性陣は嫌味を一言。女子はこんな事言ってまっせ~陰で。笑

そんな爆乳ホルスタインKちゃんは、私の周辺人物で唯一バレェを習っていた人間。背は小さいものの姿勢が非常に良く、バスト以外は細い。だからこそ爆乳が目立つ目立つ(//∇//)
確か矯正下着も付けたり、そのメーカーだかの関係で1日の摂取カロリーをマネージャー的な人に報告していたり… 私には真似できません。
その成果?も加わって、巨乳が爆乳になって制服のベストがはち切れそう。最近本当に取れてました。笑

そして、Kちゃんは自他共に認める漫画オタク。
「漫画さえあればいい。萌」
とまで言ってしまうヲタっぷり。わからなくもないが、仕事もキチンとしてくれよな (^o^;)

それで、普段事務員さんの休憩室に転がり込んでお昼寝をしている私。先日、あと10分寝れる~と思ったらKちゃんがお昼休みで入ってきました。
ヒョンな事で漫画の話をしてしまった私。ホルスタインのオタクスイッチ、ON!

「親も漫画が好きで、親の漫画を読みたくて保育園の時に平仮名を覚えたんですっ!」
「私は4歳からオタクだったので、趣味がない人は何を楽しみに生きているかわかりません!」
「好きな漫画は3冊買います!読書用・保存用・布教活動用です。フフフ~(*´ω`*)」

勢いとニヤニヤが止まらないホルスタイン。笑
私はあと10分寝たいのに寝かせてくれない(^o^;) ムシするわけにもいかず、目を閉じたまま相槌の私。その私をムシして続けるKちゃん。
手塚治虫が原点で大好きなんです。でもメジャーな作品は読んだことはなくて、マイナーな作品の方が好きなんです!」
そーーなんだねーー、へーーーー( ̄▽ ̄;)笑

手塚治虫といえば、大劇場の横に記念館がありますよね。
「大劇場の横に手塚治虫記念館あるよ~。」
これが火に油を… いや、火にガソリンを注ぐ形になりました。

「え!?本当ですか!?」
Σ(゜Д゜)Σ(゜Д゜)Σ(゜Д゜)Σ(゜Д゜)Σ(゜Д゜)

と凄い勢いで燃え上がったKちゃん。襲われそうな勢いで、ビックリして逃げるように起きましたよ私。笑
ブリドリでだいもん・Pちゃん・つかさ君が行ってましたよね。
「確か体験もできるはずだよ~。パラパラ漫画みたいな?」
「そうなんですか!?行きたい!いつか絶対行きますっ!」
大炎上のKちゃん。笑
そして手塚治虫記念館に想いを馳せ、今にも昇天しそうな笑みのKちゃん (^o^;)
「はぁ~知らなかった~(о´∀`о) 調べてみます!」
どーぞどーぞ調べてみてよ。

あの時の目の輝きと勢いと言ったら本当に凄くて。気持ちはわかる(^-^) が、とにかく仕事もそれくらい頑張って。笑

そして午後の仕事をしながら思ったこと。
Kちゃんを手塚治虫記念館に連れて行けば、お互いに交通費の負担が減るな…( ̄▽ ̄)ニヤリ

帰り際、たまたま一緒になったKちゃんに早速アタック。
「私達が大劇場へ行く時、一緒に行く?」
「え…!?もしよろしければ…!!」
⬆また近付いてきた。笑
「お互いに交通費の負担が減るじゃ~ん。私達が観劇してる間に記念館行けば時間も合うだろうし。」
「是非( 〃▽〃)( 〃▽〃)( 〃▽〃)」

ということで交通費の鴨を見つけた宮子でした。笑

ちなみに、Kちゃんは宝塚にも興味アリアリ。バレェ経験者は興味を持つ人が多いですよね。
「今度行ったら舞台写真を買い漁りたいって思ってたんです!」
って言ってました。
フッフッフ… ( ̄ー ̄)
つまり、記念館に飽きたら大劇場へ呼び込めばよいのだ。ただそれだけのこと。Kちゃんを宝塚にハメることは…チョロいな。笑

早速鴨を連れて行こうと勤務表を見てみると…
ん~、なかなか休みが合わない ( ´△`)
今事務所は、人事異動でバタバタしているので事務員さんの有給が取りにくい。しかも事務員のボス、いや、会社の裏ボスでもあるS先輩に、
「Kちゃんに有給取らせてヅカへ連れて行くのはやめて!私が許さん!笑」
と釘を刺されていまして (^o^;)
なので、最速でも 7月月末のKちゃんと私の休みにエリザが当選&M先輩の有給が通ればな~。
それか秋になって事務所が落ち着いて有給を取れるようになればな~。

ということで、ホルスタインだったり鴨だったりの下級生オタク・Kちゃんのお話でした(^^)


おわり