wind-troupe/風組’s blog

斬新な形で宝塚にハマり、普通とはなんだか違う角度から宝塚を楽しむ竜宮子のブログ★小学校・野球、中学・バスケ、高校・ソフトボール、社会人・バレー/ボード/空手。車・バイクも好き。という、宝塚の「た」の字もない人生からの劇的な出会い★日々宝塚♪時々ただのアホアホ日記♪

上級生と下級生

昨日の日刊スポーツ紙のプレシャス宝塚、ましゃ男ちゃんでした。
宮子です。

昨日は公休日でしたので今朝出勤して読みました。
退団会見の「結婚準備」発言をお母様に怒られたようです。「信じる人もいる。うそはあかん」と。笑
いい歳して母親に怒られるなんてましゃ男ちゃんらしい。(⬅ゴメンネましゃ男ちゃん。笑 でも私もいい歳こいて怒られてるから仲間だよ(*´∀`)笑)
ファンとしてはその「らしさ」が好きなわけですが、そこはやはりお母様。冷静です。ダメな事はダメと言える人、素敵なお母様だと思います (*^-^*)
そのお母様の注意を受けて再度言及。「結婚はしばらくしない!」そうですよ。笑

余談の余談ですけど、タカラジェンヌ、特に男役さんの結婚トークって、なんだかこう…胸がザワザワしますよね。笑

そんでもってワーーーーーーーーーーーーーー!!
阪急で桜舞が当たったーーーーーーーーーーー!!
当たると思ってなかったーーーーーーーーーー!!


はい本題。
本題とは言っても、今日の内容は宝塚とはあまり関係ない、かな(^^; 私の会社の上級生・下級生(女性陣)との関係についてです。

現場のM先輩➡8期上(ヅカ友)
事務のS先輩➡6期上
事務のY先輩➡5期上 

入社当時は事務の先輩2人は雲の上のような人。でも私はまず事務で入社したので、2人の先輩とは業務上話すことはもちろん、休憩室も一緒なので緊張しながらも話す機会は毎日ありました。
一方現場のM先輩は、働く場所や休憩室が違うので話すことは限りなく少なく。雲の上の上のようなお方でした。そう、まるでトップスターのような存在。話しかけられるだけでドキッとね。

それが今となっては全員と同期レベル。笑
だいもんのブリドリネクストで、イブ氏がだいもんを「ほぼ同期よね~。笑」と言っていた気持ちがよくわかります!でも私は5~8期も上ですけどね(^o^;)
態度や言葉遣いはちゃんと敬っていますが、10年以上も家族より同じ時間を過ごしていればね、自然と心と心の距離は近づくものです(^-^)

プライベートもヅカ遠征だけに留まらず、旅行やご飯に行ったり♪同じ職場だからこそ聞いてもらえる・解り合える話もありますし。先輩達には大変甘えさせてもらってます。

そんな甘えたエピソード。
事務員さんの休憩室に上がり込んでお昼寝をしている私。いつものようにMy毛布をかぶって寝ようとするとS先輩。
「宮子!虫がいる!Σ( ̄□ ̄;)」
先輩の視線の先には1㎝にも満たない百足(*_*; いくら小さくても百足は百足!
「早く捕ってーーーーーーーーーーーーーー‼」
と、私は毛布から出ず。笑
Y先輩「熱湯に入れれば死ぬから熱湯熱湯!」
S先輩「容器は!?」
Y先輩「それ早く食べちゃって!」
と指定したのはS先輩が食べていたヨーグルトの容器。なのに空けようとしないS先輩。あとでそれについて言及したところ、
「だってゆっくり食べたかったんだもん。笑」
ですって。笑

仕方ないのでY先輩がお弁当の一部の容器を用意。
「お弁当に百足なんていいの!?」
「他にないからっ!」
などバタバタしているうちに小さな百足ちゃんは部屋の隅の穴へと消えていきました(^o^;)
そして私はその穴をティッシュで塞ぎました。

その後の会話。
「ちょっと~何で1番若い宮子が動かないの!」
「だって私が1番虫苦手だも~ん!」
だから何だよ、ですよね。笑
更に私は続けました。
「穴を塞いだのは私ですっ(* ̄ー ̄)v」
それだけかよ。笑

それから7期下の事務のOさん。
つい先日、現場に来るための試験を受けました。その試験の前日、何も考えずミルキーをあげた私。その晩ラインが来ました。
f:id:wind-troupe20140703:20160614230151j:image
人生初の10ペコだったようで、この紙をポケットに入れて試験に臨んだようです。フレッシュで可愛いなぁ(*´ω`*)

私もその試験を乗り越えて現場になった身なんですが、だからこそわかるその気持ち。
試験の前は、どんなに勉強やお稽古をしても不安が消えることはありませんでした。藁にもすがる思い。10ペコ&四つ葉の紙にもすがりたい。笑
勉強やお稽古の成果、10ペコ効果が出て吉報を聞くことができるといいのですが☆


ということで?どういうことで?笑
今後も上級生は敬いつつ上手く使って(笑)、下級生には藁を与えて良好な関係でいたいと思います!


おわり