読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wind-troupe/風組’s blog

斬新な形で宝塚にハマり、普通とはなんだか違う角度から宝塚を楽しむ竜宮子のブログ★小学校・野球、中学・バスケ、高校・ソフトボール、社会人・バレー/ボード/空手。車・バイクも好き。という、宝塚の「た」の字もない人生からの劇的な出会い★日々宝塚♪時々ただのアホアホ日記♪

信長遠征日記③~オペラなんて要らないっ!SS席でプレ老眼体験!~

カイちゃんがバウ主演ーーーーーーーーーーーー!
宮子です。

ワーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!
(ToT)(ToT)(ToT)(ToT)(ToT)(ToT)(ToT)(ToT)(ToT)
カイちゃんといいあきら兄貴といい、その世代を盛り上げてくれてありがとうございますーーーー!

若手を育てるのも大事ですが、中堅層を更に伸ばすのも大事なことです!劇団さんナイス!
チケット取れないんだろうな~゜゜(´O`)°゜
でもいいの。それだけカイちゃんが愛されて求められてるってことだから (*´-`)

そして大劇場のスカピン!見たいーーーーー!!
そんでもってガイズの再販売ーーーーーーーー!!
Amazonなどでは原価の数倍の値段が付いている昨今、多くの方がちゃんと定価で買えますように(^^)


さ、昨日の続きです♪

まず劇場に入ったらジージ先輩を席までご案内。
20列72番でした。通路側なのでなかなかの席ではないでしょうか。
続いてきーちゃ先輩。15列29列。これまたなかなかの席。そして、自分の先へ向かおうと視線を舞台の方へ向けた瞬間、目に飛び込んできた緞帳!!

「近っ( ̄□ ̄;)!!」

きーちゃ先輩の席までは席を探すことに意識が傾いており、舞台の方向を全く見ていませんでした。それでいきなり激近の緞帳。
きーちゃ先輩の席からでもビックリでしたから、自分の7列47番に着いた時なんてもうね、言葉にならない感動。
今まで生きてきて良かった…(アンドレ風)

近すぎる席に戸惑いキョロキョロする私。そして、反る引く。なぜって、近すぎて見えにくい気がしたから。そう、それはまるで新聞を目から離して読むお年寄りのよう。
あぁ、老眼ってこんな感じなのね。笑

写真を撮ってサザエ先輩にライン。
「近すぎて、老眼になった気分です!笑」

今までの最前列が18列でしたから、そこからの差が凄すぎて。だからもう1度言います。今まで生きてきて良かった
宝塚でまさかのプレ老眼体験でした (^w^)


そして開演にワクワクしながら待つ。5分前なのに右側2席が空いてる…
Σ(゚Д゚〃)
もしやここにジェンヌさんがっ!?
という、毎回のムダなドキドキ。笑

でも今回はSSだから確率は高い。しかも退団公演は1枚しかエントリーできないから、2人で来るなんてジェンヌさんでしょ!?
そんな私の期待を裏切り、3分前、一般人お1人登場。なんだ、一般人か。笑
2分前、またお1人一般人の登場。なんだ、一般人か。笑

こうしてムダにドキドキして汗ばみつつ信長が始まりました。

にぃ~ん~げぇ~ん、ご~じゆぅねん~
(ギターのキュイィーーーーーーーーーーン)
美弥さんキターーーーー(゚∀゚)ーーーーー!
カッコ良すぎる武将達のダンス!和なのにロックが本当にカッコいい!彼等の迫力に加えてSSの近さ。このシーンだけで12,000円の価値を感じました。
( ☆∀☆)( 〃▽〃)(*^O^*)(*≧∀≦*)(o^O^o)(°▽°)

前田慶次の武将達のダンスは日舞っぽくて、それはそれで可愛いと思いました。「武将達が着物をヒラヒラさせながらクルクル回ってる~」って。萌
踊る武将って宝塚だけですよね。笑


⚪ましゃ男ちゃん信長
カッコ良かった!本当に!
ビジュアル面で言えば、顔ちっちゃいしキレイだし背ぇ高いし。半分脱いでる豹柄のお衣装もカッコ良くて。
何より信長がピッタリ。他の者にない発想から「うつけ物」と呼ばれ、それが故に天下統一ができたのでしょう。そのために筋を通す姿はカッコいい。男が惚れる男。部下は心酔しちゃうよね~。
それがましゃ男ちゃんとリンクして、「嗚呼、最後なんだな」と寂しくもなりました。
独特な言い回し、ましゃ男節。それが信長とマッチしていたと思います!

⚪ちゃぴ帰蝶
凛とした女性の帰蝶。薙刀ブンブン。カッコいい女子ですな。女だったら帰蝶に心酔するわ~。帰蝶もちゃぴとマッチしてますね!

⚪たまきっつぁロルテス
野望からの~信長に酔わされ~の。もっと早く信長みたいな人と出会っていたら、秀吉にも勝る家臣になってただろうな。
モジャモジャヘアーと髭が、私の野球仲間と似ていました。両者共にワイルドイケメン!

⚪コマさん足利義昭
あんなに器の小さい人物だとは知らず。笑
唯一笑えるキャラだと思います。でも憎めない。声が高いのも合ってたと思います。

⚪カチャ光秀
セリフは多くないけれど、セリフがない中で複雑な心境を上手く演じておられたと思います。信長を討つ流れになってくる後半は、とっても切なそうでした。
歴史上の光秀さんは好きではありませんが、カチャ光秀は好きよ私 (人´ з`*)♪っていうかカチャが好き。結局はそこ。

⚪美弥さん秀吉
幕開き直後の武将群舞がカッコ良すぎ!照明も赤や青に変わったりなどもう色々、宝塚って凄いなぁと改めて感じました。
光秀と比べて明るいキャラ設定の秀吉。演じる美弥さんが楽しそうでした♪
ありちゃんに「独身のうちにやりたい事やっとけよ~」みたいなアドバイス。強く共感!どの時代でも家庭があると色々と制約されますからね!笑

⚪とし君長政
長政さんはもともとカッコいい。お市を大事にしてたはず。とし君長政は出番は少なかったけれど、いい人オーラが存分に出ていました。

⚪アーサ妻木
美人~可愛い~エロイ~。信長と絡むシーンなんてねぇ…
キャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
って手で顔を覆いながら、実は見たいから指の間から見ちゃう感じ。笑

話は反れますが、宝塚のラブシーンって不思議ですよね。信長が妻木の合わせに手を入れただけなのにエロい。そして、妻木の太ももに手を当てただけで…アワワワワヽ(´Д`;)ノ
脱がしてるわけでもないのに何あのエロス。特に日本物。

なぜエロイのか考えてみた。
チッチッチ…………………………………………… ( ・ε・)
出ました。

私が思うに、見ちゃいけないものを見ている罪悪感からの悦び… みたいな?
元々普通の男女でもドキッとするシーンを、男役とは言っても女性と女性がムフフ(〃ω〃) 禁断の園を覗いちゃった( 〃▽〃)的な。笑

以上、宮子の「宝塚のラブシーン熟考」でした。
熟考したわりに軽い答えという。笑
ま、とりあえずあのシーンはRー18で。笑


⚪まゆぽん利家
デカイ。⬅誉めてます。
若いのに味のある落ち着いた雰囲気の男役さんですねぇ。春の雪の松枝侯爵、男役とは言っても女子だし、何より年齢が全然違うのに違和感がなくて、そこでまゆぽんをしっかり認知しました。
舞音のマルセルも酔っ払い悪人を違和感なく演じていて上手いなぁと思いました。
今後の舞台に絶対に必要な人だと思います。長く続けてほしい!

⚪ありちゃん
若いね~フレッシュだね~(^^) 妻木を斬られて悲しいね~(ToT) 守れなくて悔しかっただろうな。


⚪まとめ
花道も使う演出や、エピローグで物語のまとめのように登場人物が出てきたりが前田慶次と似てるな~と思ったら、慶次も大野先生だったんですね。
ファンの方のブログを読んでいてよく出てくる「○○先生っぽい」という表現を見て、それがわからない私はまだまだだなぁと思っていました。が、今回「っぽい」がハッキリとわかったので、少し大人になった気分です。笑
もう研3ですからね~(≧∇≦) ヘヘッ

そして何より、ドラマ・信長協奏曲を見ていて良かった!
歴女でもない限り、歴史物、特に大勢の武将が登場する内容は付いていくのが大変。要事前勉強。お薦めは信長協奏曲
ドラマはたまたま見たんですけど、ましゃ男ちゃんの信長をSSで見るための布石だったんだー!と思います。


じゃ、今日はここまで!また明日~★

と、見せかけて追伸。
カイちゃんのバウ主演の受け止め方について。
人は千差万別、考え方も千差万別。ある人は「次への布石」と捉えたり、またある人は「餞」と捉えたりするでしょう。
私は、私は…
どちらとも捉えない。七海ひろき氏の主演が嬉しい。本当に素直に嬉しい。ただそれだけ。

(^-^)

スカピンも含め、また1つ楽しみができたので明日からも頑張るぞーーーーー(≧∇≦)


つづく