wind-troupe/風組’s blog

斬新な形で宝塚にハマり、普通とはなんだか違う角度から宝塚を楽しむ竜宮子のブログ★小学校・野球、中学・バスケ、高校・ソフトボール、社会人・バレー/ボード/空手。車・バイクも好き。という、宝塚の「た」の字もない人生からの劇的な出会い★日々宝塚♪時々ただのアホアホ日記♪

ヅカトーーーク

小学生の列に猪が突っ込んだらしい。
宮子です。

我が家からは県外ほど離れた場所での出来事です。怪我人が3人出てしましたが、命に別状はなし。
「猪が突っ込んだ」のフレーズが、なんとも田舎を感じさせるニュースでした(^o^;)


さて、今日は取り留めのない内容となります。

親友アイアイはディズニー大好き。だからって年間パスポートを持つまでではありません。遠いので。好きだけど。物理的隔たり(T^T)

ベルバラも大好きだったアイアイ、宝塚はハマると怖いからと遠征のお誘いを断固拒否!1回連れて行きたいんですけどね~。ヤツの意思は本当に固いので諦めています。

それで、アイアイは宝塚にさほど興味はないくせに、やたら色々と聞いてくるんです。
「次はいつ行くの?」
「今度は何を見に行くの?」
「誰が好きなの?」
など。つまり私に興味があるのです。笑

ま、それは半分冗談だとして、アイアイは人の趣味や思考に興味を持つんです。例えば、なぜ私が宝塚にハマったのか。理由が気になる。
自分とは違う思考を知ることで、自分の知識の幅を広げています。無意識にやってます。なのに学生時代の成績はイマイチという残念なことに。笑

高校の時、テスト前1週間は部活が休みになってしまうので、よくアイアイの家に「勉強をする」と言って行っていました。
でも、友人ドカッチはアイアイのお婆ちゃんが作る絶品のキュウリの漬け物を食べまくって、私は台の下に隠れて寝ていました。勉強をしていたのはアイアイだけ。なのに成績が1番悪かったという可哀想なお人。笑
だから本当に勉強をしたいアイアイは、
「行っていい~?」
と、一応お伺いする私に対して、
「ダメ!いつも勉強しないじゃん!」
それを完全無視してアイアイ家に行く私。笑
しかも、アイアイは自転車で私は原付だったので、明らかに私の方が早く着く。いつもアイアイ家でアイアイを迎えていました'`,、('∀`) '`,、

そんなアイアイに聞かれたことがあります。
「特定のファンがいるわけでもなく、公演の内容で遠征を決めているわけでもなさそう。何を基準に行ってるの?」
と。
その質問の答えは簡単…
「チケットが取れたら行くっ!」
です。
内容は二の次。観劇して後悔した公演なんて1つもありませんから。いつも満足して帰って来てます。そして私は続けます。

「宝塚のあの世界観が好きなんだ(^^)」

特にショー。あのキラキラは、世界中どこを探しても宝塚にしかないはず。他にあるなら教えてほしい。
熱弁する私にアイアイの質問は続きます。

エレクトリカルパレードのキラキラが10だとしたら、宝塚は100だね!パレードも電飾とか凄いけど、宝塚はミラーボールや衣装のスパンコールで更にキラキラなのよ!一気に踊るダンサーの人数も違うし。舞台だって回ったりセリが上がったり下がったりさ~!エレクトリカルパレードも凄いと思うけど、いや~もうホント1回見てって思う‼」

エレクトリカルパレードを尊重しつつも、宝塚激推しの私。
こんなホットな私に何の影響も受けず、絶対に見に行こうとしないクールなアイアイとみっち。笑

会社にヅカ友サザエ先輩やジージ先輩、軽く宝塚好きなきーちゃ先輩やセレブ先輩・ゼロ子先輩、これだけいるのでも贅沢な話かもしれません。
でもやっぱり友達でヅカ友が欲しいなぁ!

それで、アイアイとみっちは宝塚に詳しくないわけで。そんな人達との会話は面白い。

「今は誰が好きなの?」⬅興味ないのに
「七海ひろきさん!(о´∀`о)」
「七海ひろし?
「違ぁーーーーーう(#`皿´) ひろき!タカラジェンヌひろしなんていないし!笑」
と、ひろしさんを蔑ろにしたら、
「全国のひろしさんに謝って。笑」
だって(≧▽≦)
全国のひろしさん、ごめんなさい。笑

「日本物の時は~」
「にほん?にほんって、1本2本ってこと?」
「違う違う(≧▽≦)」
「ジャパニーズってこと?」
「ギャハハハ!そうそうジャパニーズ!笑」

いや~面白い'`,、('∀`) '`,、
母上もそんな感じなので、毎日誰かにツッコミを入れて過ごしています。

母上とは8月に梅芸へローマの休日を見に行く予定です♪がぁ‼
かねてより案じているお婆ちゃんが本当に弱ってきていまして… もしローマ遠征前に亡くなれば四十九日まで旅行とか派手な事は避けて喪に服す母上。そりゃそうだよね。
そうなるとローマはもちろんのこと、9月の桜舞遠征までもが危うい。

喪に服すのは娘の母上だけで、私は孫だからいいでしょうと言う母上。
もしお婆ちゃんの訃報が遠征直前なら、もちろん遠征へは行けません。私はダブルで悲しむことに(ToT)
お婆ちゃんは自分の事より人の事を優先するような立派な人なので、
「お婆ちゃんは私が悲しむようなことはしないはずだっ‼」
と勝手なこと思ってます(^_^;)


今宵から私は祈ります。我が家のベランダからお婆ちゃんのいる病院が見えるので。
「お婆ちゃん、私、母上とローマ遠征行きたいな。できれば遠征が済むまでは頑張って。」
それから天国のお爺ちゃんにも。
「お爺ちゃん。お婆ちゃんのお迎え、もう少し待って欲しいなぁ。」


ということで、今日の結論!
・宝塚は唯一無二の世界。
・それを伝えるには1回見てほしい。
ローマの休日遠征に行きたい‼
・お婆ちゃん頑張って‼
・お爺ちゃんもう少し待って‼

はい、勝手な孫・宮子でした (^o^;)


追伸
隣の家のお婆ちゃんの死期も近い。
お隣のお婆ちゃんが亡くなれば、今年地区の組長である父上・母上は親戚並みに忙しくなる。田舎ってそうなんです。近所の繋がりが強いんです。良くも悪くもね(^_^;)
つまり、お隣のお婆ちゃんももう少し頑張って‼
ってことです!
祈ることばっか~(^o^;)


おわり