読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wind-troupe/風組’s blog

斬新な形で宝塚にハマり、普通とはなんだか違う角度から宝塚を楽しむ竜宮子のブログ★小学校・野球、中学・バスケ、高校・ソフトボール、社会人・バレー/ボード/空手。車・バイクも好き。という、宝塚の「た」の字もない人生からの劇的な出会い★日々宝塚♪時々ただのアホアホ日記♪

性別なんて、どっちでもいいの。

美城さぁーーーーーーーーーーーーーーーーん!!
宮子です。

みっちゃんと同時に退団というところに同期愛を感じつつも、発表を知った時はやはり寂しいですね。
美城さんの演技・キャラ好きだなぁ。しっかりと最後を見届けるベーシ‼


さて、性別間違えられ記録更新。
名誉でも不名誉でもないこの記録。小さい頃からボーイッシュで、男子に間違えられることなんて当たり前でした。

昔は、間違えられると
「女子だし(# ̄З ̄)」
とご機嫌ナナメになっていましたが、今は間違えられるような立ち居振舞をしている己が悪いだけなので、特に不機嫌になることもなく。日常茶飯事。なんなら自虐ネタができた~と喜んでみたり(^_^;)

小5の時の家族旅行では、フラッと入った喫茶店のダンディなマスターに、
「お姉ちゃんは何を飲む(^-^)?」
と初めから女子と認識され、それにビックリして
「お姉ちゃんだってさ!汗」
と母上にそのビックリを伝えた思い出があります。それくらい常に間違えられていました。

今回間違えられたのはお客様から。
推定年齢77歳のマダム。ちょっとしたハプニングがあって、お帰りの際に私が車で送ることに。
そして、ただ家に送るだけではなく、ちょっと違う場所に寄ってマダムの代わりに手続きをしたり。しかも突然の夕立の中、傘がなかったので濡れながら奔走した私を見て、
「申し訳ないなぁ。」
と恐縮する後部座席のマダム。手には千円札。降りる時に千円くれそうだなぁ…

私は仕事の一環としての手続きや送迎でしたし、たまには外に出ないと気が滅入る。だから、たまにしかない送迎は職員にとって息抜きの人気業務なのです。

そしてマダムの家の近くまで行って停まると…
「兄ちゃんこれ!」
と、予想通り千円札が後部座席から差し出されました!性別を間違えられていることより、お金なんて貰えないと焦る私。
「そんな、もらえません!汗」
「いいから!」
「ややや、仕事で来ているので!汗」
「黙ってればいいからっ!」
と、怒る勢いのマダム(^o^;) 千円札をはさんで変な合戦。とりあえず下車するマダム。そのまま立ち去ることなんてできないので、運転席の窓を開けるとまたも千円を差し出してくる。受け取らないわけにいかない状況に、
「また是非来てくださいね!汗」
と、千円を頂きました。受取りに安堵して笑顔のマダム。
「可愛い兄ちゃんだなぁ(о´∀`о)」
って。
うん、可愛いでしょ?だって女子だから。笑笑笑
笑顔で去っていくマダム。また次も来てくれるといいなぁ(^-^)

( ゚д゚)ハッ! 
千円を頂いてしまったことに焦っていた私は、自分の性別を訂正するのを忘れていました。

声でわかんなかったかなぁ。女性としては確かに低いけど、でも男とは明らかに低さが違うんだけどな。
でもまぁいいや、性別なんてどっちでも。笑


会社に戻って即その話をしました。その場にいた全員が大爆笑!その爆笑の裏には、千円をくれたこと・間違えられたこと以外に理由があるんです。
それは、方言です!

ブログに会話を載せる時は、読んでもらった方がわかるように必ず標準語に変換しています。が、我が故郷は方言や訛りが残る地域。全世代が使う方言もあれば、お年寄りしか使わない方言もあります。意味はわかるけど若者は普段使わない。
お年寄りしか使わない方言を若者が使うとしたら、それはウケ狙いで敢えて使う時。そんなお年寄りの方言をマダムも使っていて、それが本当に本当に笑えました。

その方言とは…
お兄ちゃん➡あにーちゃ

「兄」におを付けると「お兄(おにい)」
「兄(あに)」に「さん」を付けると「あにさん」
それが訛って「あにぃーさん」「あにぃーちゃ」

確かにウチの婆ちゃんもよく、
「別家(べっけ)のあにぃーさん」
て言ってました。
別家も方言?本家から出た者(次男や三男等)の家を別家と呼んでいます。

他にも、
お姉さん➡おねーま
お婆さん➡おばーま
お爺さん➡おじーま
お父さん➡おとーま
お母さん➡おかーま
兄➡あんちゃ
などなど。

私も含めた職員全員が、かなり久し振りに「あにーちゃ」と聞いたので、間違えられた面白さと共に懐かしさで大爆笑でした。

この珍事件を母上や会った友達に話しているんですが、今のところ100%爆笑です'`,、('∀`) '`,、

そしてこの珍事件が起きてからは、
「あにーちゃおはよう(^o^)」
とか、
「あにーちゃ事務に入って!」
「あにーちゃ、そんな髪の色でいいの~?笑」
などとイジられています。そりゃ~こんな面白いネタ、飽きて笑えなくなるまで使わなきゃね。笑


男役さんが男性に間違えられるのは名誉なことですよね。男役をやっているんだから。
一般人の私はね~、間違えられてもね~、損もないけど得することもないね~(^o^;)
だからって髪を伸ばしたり女らしくするつもりはない。そんなの自分じゃないから。こうなったら死んで棺桶に入っても「おじいちゃん」って間違えられてやるっ!
という意味のない意地。笑


では最後に、マダムとの会話を方言ノー変換版でお届けして終わりたいと思います。

「あにーちゃこれ!」
「そんな、もらえません!汗」
「いいでっ!」
「ややや、仕事で来ているので!汗」
「黙っとりゃいいんなっ!」
(千円を受け取って)
「また是非来てくださいね♪」
「可愛いあにーちゃだなぁ(о´∀`о)」


追伸
たまたま私が送迎して頂いた千円。そを私だけで使うのは心苦しかったので、事務の4人と副所長・私の6人が出勤の時にジュースを頂く予定です (*^^*)


追伸2
ボーナス支給が確定ーーーーーーーー‼
やったね!イェ~イ v( ̄Д ̄)v


おわり