wind-troupe/風組’s blog

斬新な形で宝塚にハマり、普通とはなんだか違う角度から宝塚を楽しむ竜宮子のブログ★小学校・野球、中学・バスケ、高校・ソフトボール、社会人・バレー/ボード/空手。車・バイクも好き。という、宝塚の「た」の字もない人生からの劇的な出会い★日々宝塚♪時々ただのアホアホ日記♪

みりおんに捧ぐ歌

 カメラのシャッターを押す際、「鳩が出ますよ!」と言いたくなる。宮子です。

 

みりおんの退団会見から数日経ち落ち着きましたので、勝手ながら恒例の、退団者へ贈る「捧ぐ歌シリーズ」を書きます私。

 

⚪白夜の誓い ソフィア

初めてみりおんを拝見したわけですが、すみません、宝塚初心者故に観劇の方法をまだ知らず… ハッキリと覚えておらず(^o^;) でもBlu-rayでしっかり見させて頂きました♪最後にはグスタフと向き合えて良かったね(^^)

 

⚪王家に捧ぐ歌 アイーダ

この公演期間中、仕事の試験やら社員旅行やらバタバタで当初行く予定がありませんでした。しかし、サザエ先輩からの誘ってもないのに「行ってもいいよ。」という上からのお誘いにより遠征しました。笑

行って大正解!まずお話が素晴らしい!楽曲が素晴らしい!再演されるわけだ~!みりおんの喉を心配してしまうほどの出っぱなし。でもそんな心配は無用。最後まで張りのある歌声とセリフ。あの公演でみりおんの上手さ・底力を感じました。まぁ様の上手さもね♪

 

⚪メランコリック・ジゴロ フェリシア

真面目な天然。友達にはなれないタイプだけど(笑)、愛されるキャラ。歌い出すと途端に変わる雰囲気。真面目な天然から一気に出来る女へと変身。私のイメージですが、フェリシアは器用にこなすタイプには見えないので、音痴な方がしっくりくる。って、それは舞台としてダメか。笑

歌の上手さがフェリシアっぽくない気もしちゃいましたが、それは上手さ故のズレ。仕方ない(^^)

 

Shakespeare アン

すれ違っていく夫婦~( ´△`) 1度歯車が狂いだすと、それにつられて全ての事が上手くいかなくなる。その感じがね~、たまらなく良かったですよ~。からのぉ~ハッピーエンド♪

 

⚪TOP HAT デイル

舞台ではなくDVDで拝見。気の強い女性。フェリシアより似合ってた気がします。

あ~また見たくなってきたな (* ̄∇ ̄*)

 

エリザベート エリザベート

タカラヅカニュースでしか拝見していませんが、相当似合っているだろうエリザベート。あ"〰見たかったな〰生のみりおんエリザベート

 

⚪人柄について

掴めません。掴むまでの情報がない。例えば風ちゃんなら、「風ちゃんが作ったオニギリは具に辿り着けない」とか「夕飯をお菓子で済ましてしまうことがあって、みちこさんに「それじゃダメ」と怒られた」など、GRAPH等の情報から人柄の輪郭が見えてきます。が、みりおんてそういった情報が少ない?だから漠然と「努力型優等生」のイメージ。タカラジェンヌとしては生活感が見えないのはいいことかもしれません。

みりおんは歌も歌えてスタイルも良い、ビジュアルも美しい。完璧な娘役。それは相当な努力あっての姿だと思いますが、逆に何かできない事あるのかな?

 

⚪最後に

退団会見。まずHPの写真を見て癒されました。毎回の事で当たり前ですが、退団発表を聞くと寂しくなります。(;つД`)⬅こんな感じ。

でも会見での晴々した爽やかな笑顔を見ると、いつまでも寂しがってちゃいけないなと元気付けられます。何も死ぬ訳じゃないから。寂しいのは事実ですけど、宝塚のさよならは別れじゃない。終わりじゃない。次の世界へのステップ&旅立ちという、ジェンヌさんの1つの節目である。

そう考えると、退団は寂しさだけではない事に気づかされます。言い換えれば退団は退団者の「希望」。その希望をいつまでも悲しがっていてはいけませんね。残りの日々を惜しむのではなく楽しんで目に焼き付ける!

 

ということで!王妃の館期間は繁忙期ですが、チケット取って這ってでも行きたい!どうか友の会さん、宜しくお願い申し上げます(* ̄∇ ̄*)

 

おわり