読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wind-troupe/風組’s blog

斬新な形で宝塚にハマり、普通とはなんだか違う角度から宝塚を楽しむ竜宮子のブログ★小学校・野球、中学・バスケ、高校・ソフトボール、社会人・バレー/ボード/空手。車・バイクも好き。という、宝塚の「た」の字もない人生からの劇的な出会い★日々宝塚♪時々ただのアホアホ日記♪

晴れでも。雨でも‼ いや、曇りでも雪でも雷雨でも暴風雨でも‼

ましゃ男ちゃーーーーーーーーーーん‼宮子です。

明日のタカラヅカニュースで拝もう(*T^T)

 

今日はみり男さんフォトエッセイについて。なんとまぁ麗しい写真達なのでしょうか。麗しすぎてクラクラくるぜ。

スカステのPhotographieで大体の内容は把握していたものの、写真となるとまた別の麗しさ。たまんねぇな (///∇///)

これで2,300円!?安い!絶対安いぞっ!余裕で2,300円以上の価値がある1冊です!

 

そして何より価値を感じたのはエッセイの部分。長い詳細な文章ではないけれど(私にはちょうど良い)、みり男さんの言葉でみり男さんの思いが詰まった文章。文章すら愛おしい。

本日は、いくつか書かれたエピソードの中で1番衝撃だった組替えについての感想です。

 

途端に暗くなる背景の色。それだけで、みり男さんの当時の苦悩と苦労が私の胸に重くのしかかってきました。と言っても、みり男さんが実際に受けた衝撃の数万分の1くらいでしょうけど。数万分の1だったとしても胸が苦しくなりました。

これを読むまでは、ジェンヌさんが組替えで受ける衝撃がイマイチわからなかった私。「他組と言っても知らない仲じゃないし同期もいるし、絶対に受け入れてくれるんだから大丈夫だよ~。」

とね。

でもそれは、組が替わった後の話であって。まずは生まれ育った組を離れることの不安・寂しさ・悲しさ。それまで当たり前のように毎日顔を合わせていた大好きな仲間との別れ。何も言わなくてもわかってくれた・支えてくれた仲間との別れ… 辛いな。

 

自分に置き換えてみました。

ある日支店長室に呼ばれ、

「今シーズンが終わったら、○○支店へ転勤です。」

とな…。嫌だな。私はずっとこの支店で働くと思っているから。

 

宝塚は夢と幻を見せてくれる世界。他組へ行ってもそれは変わらない事。組替え時によく聞くフレーズ、「宝塚は1つだから」。

でも、組によってやり方が全く違う。空気が違う。今まで当たり前だったことが当たり前ではなくなる。

これは私の仕事も同じ。皆さんの仕事でも同じ。同業なのに組や支店で全く異なる雰囲気、不思議だなぁ。

 

これを読んだことで、組替えに対する私の思いが変わりました。想像していた以上に大きいジェンヌさんへの衝撃。ただ、組替えは選ばれし者しかないことであって…

今後も組替えはあるでしょうから「選ばれし者」のジェンヌさんは、その衝撃に負けずに頑張って頂きたいでーす!

 

ということで、他のエピソードの感想もありますので、また別日に記します♪

 

つづく