wind-troupe/風組’s blog

斬新な形で宝塚にハマり、普通とはなんだか違う角度から宝塚を楽しむ竜宮子のブログ★小学校・野球、中学・バスケ、高校・ソフトボール、社会人・バレー/ボード/空手。車・バイクも好き。という、宝塚の「た」の字もない人生からの劇的な出会い★日々宝塚♪時々ただのアホアホ日記♪

ジワジワ来る、美弥さんの魅力

もうすぐ桜華遠征♪宮子です。
 
ブログの注目記事の不動の1位だった
「ジワジワくる、まぁ様の魅力」
もう殿堂入りさせたい記事である。が、しかし、先週からランクが下がっています。只今みり男さんの記事が1位です。
 
そこで、今回は「ジワジワくる、美弥さんの魅力」を記してみます。
 

美弥さんを認識したのは、確か2014年のレビュー本です。とりあえずこぼれ落ちそうなお目目。顔に対する目の面積の割合が多すぎ。顔ちっさ、華奢だな~という印象。

 
⚪PUCK
S席後方&オペラなしの為あまり覚えておらず… 嗚呼、もったいないことしたなぁ。
 
⚪観劇やギャラリーでお見かけして
とりあえず細い。とても細い。でも悲壮感はない。タカラジェンヌって不思議ね。
 
⚪パーソナルブック
発売された頃はまだそこまで美弥さん堕ちしていなかったので、当初買う予定はありませんでした。しかしお小遣いに若干の余裕があり、何より表紙の写真に堕とされましたのアタシ(〃ω〃)
本人の美しさもありますけど、プロデュースが上手い!それは自分以外の人に対しても。
時に可愛く時に美しく。そしてまた時には儚げで妖艶に。
買って良かった~!1,800円以上の価値があの1冊にはある!
 
⚪ギャップ
チョイチョイ舞台以外の美弥さんを見るようになりました。喋り方が穏やか~。突っこみが的確なんだけど優しい~。
それまでのイメージは、そのビジュアルから繊細を絵に書いたようなお人だと思っていました。部屋とか絶対キレイだろうな、と。
でもマツゲをケースに入れないからよく無くすとか、休みの日に部屋から出ないと決めたらずっと寝てるとか、そんなギャップにも萌え萌えな私です。
ギャップはともかく、あんなお姉ちゃんが欲しい。服やお化粧教えてもらったり、でも私が整理整頓してあげたり(^^)
来世は美弥さんの妹になれますように。笑
 
⚪舞音
セリフのない役。賛否両論あったかと思いますが、私は全力で賛ですね。(宝塚に対して基本的に否はありません)
セリフがないからこそ、動きや表情で表現するしかない。憂いを帯びた目線。そこから醸し出される雰囲気がたまりませんなっ!
ビジュアルに派手さがあるから、セリフのない役でも存在感バッチリ。
 
⚪母上の目に留まる
我が家の居間、ところ狭しとベッタベタに貼られたカレンダーの方々は覚えられた母上。毎日嫌でも見ているので(^_^;) それ以外の方をテレビで見た時、「これは誰?」と母上の目に留まった方は今後来ます!
今までに目に留まった方は、大運動会の練習時の光ちゃんローマの休日でアーヴィングの翔君・そしてショーでは何度も何度も美弥さん。
「これは誰?」
「美弥さん。」
「美弥さんて誰?」
「美弥さんは美弥さん。笑」
たまきっつぁ政権になった今、2番手って言ってもいいんですよね!?ね!?
あ、でも私は番手なんてどうでもいいんだった。私はその人そのものが好きだから。トップになろうがならまいが、美弥さんが好き。ただそれだけ(^-^)v
 
ということで、今後も美弥さんに注目~(^3^)
 
おわり