wind-troupe/風組’s blog

斬新な形で宝塚にハマり、普通とはなんだか違う角度から宝塚を楽しむ竜宮子のブログ★小学校・野球、中学・バスケ、高校・ソフトボール、社会人・バレー/ボード/空手。車・バイクも好き。という、宝塚の「た」の字もない人生からの劇的な出会い★日々宝塚♪時々ただのアホアホ日記♪

チギさんに捧ぐ歌

私が叫ぶとしたら、バレーでミスした時かインフルエンザの検査で陽性が出た時、若しくはジェンヌさんの退団発表の時である。宮子です。
f:id:wind-troupe20140703:20161122204135j:image

あ゙ぁーーーーーーーーーーーーーーーー!!

これ程予想通りだった事なんて、自分の人生を振り返ってもありません。チギさぁ~ん、ゆうみちゃ~ん(T-T)

いつかは来る別れだとわかっていても、やはり退団発表を聞いた瞬間は、どうしようもない寂しさに襲われますね。

しかし!本当に毎回の事ながら、退団会見の晴れ晴れした姿を拝見するとその寂しさは一気に吹き飛びます!

 

では、退団時の恒例テーマ!まずはチギさんに捧ぐ歌!

 

⚪出会い

My Dream TAKARAZUKA(社員旅行)を2階A席オペラなしでの初観劇。そこからでもわかるイケメンっぷり。帰りのバス内、プログラムとスマホ検索で拝見した超絶イケメンのチギさん。眼福の意味を知る。

あの日から始まった素晴らしき宝塚ライフ。観劇日から2週間程、プログラムを見てから寝るという日々が続く。

 

⚪伯爵令嬢

萌えの意味を知った、いや、胸に記憶に刷り込まれた公演でした。壁ドンや背後から抱き締める等々、実際の男性がやったらドン引き犯罪級なことを見せつけられ、言葉にならない「( 〃▽〃)萌」な会場。あの劇場の空気を感じられたのは貴重な体験です。数千人が萌えて「( 〃▽〃)萌」とざわつくことなんて宝塚の舞台以外にありますか?私は他に知りません。

 

ルパン三世

2015年1月の公演。ルパンへ行くと2014年9月から12月のみを除いて、ほぼ毎月での観劇遠征。それに対して意味のない罪悪感を感じていた私。誰かに何か言われたわけではないのに。恐らく、宝塚の沼にハマるのが怖かっただけ。既にハマっている自分を認めたくなかったんでしょう。しかし、ともみん退団の知らせも聞いて遠征決定!今では泥まみれです(^-^)

ファンシーガイのノリも良く、その当時はよく車内で熱唱していました♪

 

⚪星逢一夜

遠征予定のなかった2015年7月。一瞬にしてポスターに堕とされましたのアタシ。

遠征当日は、高速の渋滞で着席したのが開演5分前という、滑り込みギリギリセーフだった星逢一夜。何度観ても新鮮な気持ちでホロリと泣ける名作。かなり好きな公演の1つです!

ラ・エスメラルダも雪組の勢いを体現したような熱いショーでした\(^o^)/

 

るろうに剣心

友の会で初当選!が、なんと、これまた初めての東京宝塚劇場!のS席!当選~観劇までは、嬉しさと初の東京に少しの不安とワクワクで胸が忙しいことになっていました。

無事に遠征が終わって冷静に振り返ってみると、激レアチケットだったのによく当たったなぁと思います。

 

⚪ケイレブ・ハント

チギさんのイケメンっぷり炸裂!ストーリーそっちのけでオペラロックオンでした(^_^;)

ゆうみちゃんとのラブラブっぷりも炸裂!シリアスなシーンあり笑えるシーンもあり。わかりやすい内容で楽しめました。

アニメや漫画・日本物だけでなく現代物までいつも全力で演じきるチギさん。あんな細い体にあのエネルギーがあるなんて凄い!

グレイテストヒッツは、覚えのある曲も多く、早すぎるサンタやトナカイが可愛いショーでした(^-^)

 

チギさん会の方や私より遥かに長い間チギさんを見守ってきた方ならば、もっともっともーっと思い出があるでしょう。私のような新参者が語っては失礼だったかもしれません。でもチギさんの事は好き!それは事実!

チギさんの心からの歌、熱い演技を含めた一生懸命な姿、ゆうみちゃんに言い寄られている時の嬉し困り照れを隠しきれていない表情、トップスターの重圧や激務を全く感じさせない屈託のない笑顔、曇りのない真っ直ぐな瞳…

チギさんを好きな1人として、気持ちを落ち着かせるためにも書かせて頂きました。

ご精読ありがとうございました(^-^)

 

チギさんが退団するその日まで、怪我なく目一杯チギさん色で邁進できますように願いを込めて…⭐

 

おわり