読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wind-troupe/風組’s blog

斬新な形で宝塚にハマり、普通とはなんだか違う角度から宝塚を楽しむ竜宮子のブログ★小学校・野球、中学・バスケ、高校・ソフトボール、社会人・バレー/ボード/空手。車・バイクも好き。という、宝塚の「た」の字もない人生からの劇的な出会い★日々宝塚♪時々ただのアホアホ日記♪

負けるな!アラサー独女達!①

いつも以上に意気込んでいます!宮子です。

 

本日、宝塚はチョット置いといて~、何を熱く語るかといいますと!?

アラサー独女の結婚やら人生について!

でぇーす(^○^)

なぜ語りたいかって?それは⬇こんな出来事から。

 

母上と私は、化粧品を母上の高校の同級生(むっちゃ)から買っています。いつもは送ってもらっていますが、今日は仕事帰りに取りに行きました。

品物を受け取って帰ろうとすると、

「まだ1人でいるの?」

「はぁい♪遊んでまぁ~す(^0^)v」

「早く結婚しなきゃ~!」

「いや~まだまだ(^_^;)」

「いい人はいないの?」

「いるんですけどね~、結婚はまだですね~。」

「いるなら1日でも早く子供産んだ方がいいわよ!」

「そうなんですけどね~f(^^;」

はい、よくある会話ですわ~。このやり取り、今まで何回してきたことか!もう腹も立ちませんけどね、私には私のペースがあるし、放っといてくれ~と思いますよね( ̄▽ ̄;)

ま、心配してくれている=愛情としてポジティブに受け取ったあと、綺麗サッパリ流してしまいましょうd=(^o^)=b

 

それで、家に帰り、湯船に浸かりながら色々考えました。そこで出た答えをブログで語っちゃおうかな!と思ったわけです!

 

内容は暴言を含めた過激なものもありますし、一部の方々を否定する表現もします。読んでくれた方全てが共感できるわけではないので、その辺りはアラサー独女の戯言として心を広くしてご理解下さいますよう、宜しくお願い申し上げます。

 

それでは始まり始まり~\(^o^)/

 

第1章・アラサー独女はなぜ結婚したいのか

20歳から結婚願望が1000%の独女の親友あいあい(彼氏ナシ)に問う。

「なんでそんなに結婚したいの?」

「独身だと、独身なだけで世間から後ろ指刺されるから。」

「わかるけど~、結婚は墓場だから大変よ?」

「それでも後ろ指刺されるよりはマシ!」

これが大半の独女達の答えでしょうか?もしそうだとしたら悲しいですね。そんな理由で結婚して幸せなの?満足なの?あいあい頭大丈夫?笑

結婚なんて幸せ以上の苦労が待ってるのよ?好きだけじゃ乗り越えられないけど、でも好きじゃなきゃ乗り越えられないぜ?

私は、好きだから結婚したいと思って結婚したい。好きじゃなきゃ結婚なんてしない。好きの延長上に結婚という儚すぎる夢を見たい。それは誰しもが願う究極の理想論である。それができれば誰も悩まないのにね。

まぁ、色々な理由があってアラサー独女は結婚したいのである。

 

第2章・アラサー独女ですが何か?

上記のように、後ろ指刺されるという恐怖に怯える世のアラサー独女達。私も独女の1人ですけど、後ろ指刺されても何も怖くない。ちょ~ヘーキなんですけどぉ~'`,、('∀`) '`,、

なんでかって?今がスーパー楽しいから♪仕事して稼いで~、そのお金で遊んで~♪どうだ~、いいだろ~v(*^^*)v笑

だいたい、「いい歳して独身で遊んでるなんて~」とか言ってるのは既婚者が多いでしょ?既婚者は、プロポーズしたなり、それを受けたなり、全て自分で選択した結果の結婚=遊べない、でしょ?その苛立ちを独身者へ向けないでほしいわよね~。遊びたければ結婚などするな、結婚したなら諦めろ、と私は言いたい。そもそも結婚は義務ではない。自由だ〰!!

⬆だから少子化が進む(^o^;)

 

第3章・結婚したら幸せなのか

この答えはYESでもNOでもないですよね。結婚には、独女では決して感じることのできなかった幸せがある。もう1人じゃない、何ものにも代えられない安心感。子供を授かったり生んだ時の感動。親として1番近くで感じられる成長の軌跡。それを幸せと呼ぶのでしょう。

しかぁーし!それ以上の苦労もある。なんなら苦労の方が多いと思われる。

結婚したらよ?自分の名前や仕事が変わるかもしれないし、一気に増える家事、倍増する親戚付き合い、ご近所付き合い…etc

結婚=幸せなんて、20歳くらいの女子が思い描いている儚すぎる夢でしょう。そんな寝ぼけた事言ってるアラサー独女がいらっしゃいましたら、私が鉄拳で起こした上に瞼を抉じ開けて現実を見せて差し上げます。

結婚=試練(若しくは墓場。笑)の方が合っているでしょう。結婚が幸せとは限らない。幸せだけではない。だから結婚に夢を見てはいけない。

 

第4章・独女は寂しい?

答えはNO!って、これは私だけかな(^o^;)?

今でこそ恋人がいますけど、私は恋人がいない事の方が断然多いんです。けど、全然寂しくなかったかな~。

お正月は土地柄で絶対家族や親戚と過ごすし、バレンタインやホワイトデーはスーパー繁忙期で本気でそれどころじゃないし、暇な時期は友人知人と遊ぶし。私、友人知人多いねん( ^∀^) 常日頃が寂しくてもスカステあるし'`,、('∀`) '`,、 寂しさを感じている暇などないのであーる!

そんな私にあいあいが一言。

「家族や友達じゃ埋められない心の隙間がある。」

お~名言!そうだね~。さすが結婚願望1000の女!まともな事言うわ~!笑

でもな~、浜崎あゆみさんの歌詞でもあったように、2人でいる時の方が寂しい事もあるのよ?

別れる直前のあの孤独感。別れたくないから相手の顔色伺って変に取り繕っちゃったりさ~。それが逆効果で余計に距離が空いちゃってさ~。辛いよな~あの孤独さ。は~ヤダヤダ(-""-;)

別れる直前でなくても、冷めきった夫婦も孤独よね。ただの同居人状態。はぁ~ヤダヤダ(-""-;)

独女だからって気にして何もできず過ごしてると寂しいさを感じる時間ができてしまう。独女だからこそ自由!今しかできない事をやるベシ!と発想の転換をして好きな事を忙しくやっていたら、本当に寂しさなんて感じませんよ!鼻を気軽にホジホジできるのも独女だけよ?笑

それは冗談にしても、好きな事をやっていれば自然と表情が明るくなる。その笑顔にご縁が寄って来てくれる、かもね(*^^*)

 

 

ということで、まだ4章なのに既に大分長くなってしまったので②に続きます!

 

つづく