wind-troupe/風組’s blog

斬新な形で宝塚にハマり、普通とはなんだか違う角度から宝塚を楽しむ竜宮子のブログ★小学校・野球、中学・バスケ、高校・ソフトボール、社会人・バレー/ボード/空手。車・バイクも好き。という、宝塚の「た」の字もない人生からの劇的な出会い★日々宝塚♪時々ただのアホアホ日記♪

スカピン遠征日記④~愛×(正義+信念)=ハッピー!~

なんだか心臓が変…(*_*)宮子です。

昨夜、寝付けないくらいの胸の違和感。どんな体制でも苦しい、モヤモヤ。息も鼻では追い付かず。口での呼吸するも、吸っても吸っても酸欠な感じ。こんなこと初めて(-_-;)このままポックリでも怖いので、母上に異常を伝えておきました。

そして、すぐには寝付けないだろうとGoogle先生に聞いてみたところ1番近いのが、横になることで心臓への血流が増えて心臓の負担が増えて苦しくなる、と。

今日はお昼寝後の30分くらい、気にするからか違和感あり。呼吸も肩でする程。ずっと続くわけではないので、様子で病院へ行くしかない。

 

平安時代だったらそろそろ棺桶の33歳。いくら気持ちは若くても、確実に衰えていく肉体に苛立ちと不安を覚える今日この頃。それでも私は書く。感動したスカピンの感想を!

 

⚪新本科生?

幕間。母上はトイレへ行き、母上が帰ってきて時間があれば私も行こうと荷物番をしていました。12列という普段見慣れない光景を目に焼き付けようと、周りをキョロキョロ。そこで目に入った黒ずくめの1人。姿勢の良い黒髪ツヤツヤリーゼント。はい、新本科生でしょう。

その子も不自然にキョロキョロ(O.O;)(oo;) 明らかに不審者レベル。笑

席に戻る先輩方に挨拶するためにキョロキョロしていたのかしら。下の者は大変です。しかし、縦社会は日本の美しき文化です。

 

~2幕~

⚪第3場 王宮の控え室

志は同じはずなのに、小さな事ですれ違ってしまう夫婦。あ"〰(T0T) 切ないけど、その紆余曲折が愛を深める試練。それが後のスパイスになるのよね。

 

⚪第8場 コメディ・フランセーズ

ショーヴランの脅しに屈せず、シャルルから教わったひとかけらの勇気を歌うマルグリット。愛が勝った瞬間(*^^*)

しかも、その歌をグラパン扮するパーシーが聞いているという素敵な展開。この場面、歌が上手いとかイマイチとか、そういうことじゃなくて… 感動しました。

思いって、強かったり重い分、人に言えないですよね。パーシーの平和への思い強かったから、スカピンの正体を公表しなかったわけで。

その思いが詰まった歌がシャルルを通してマルグリットに伝わり、それをマルグリットが受け止め賛同し、尊敬して歌う。

そんな嫁の思い(愛)が込められた歌聞いちゃったらよぉ、愛が以前より深まっちゃうよねー!旦那頑張るしかないよねー!

ただ、私がパーシーならその場でグラパンの変装を脱いでマルグリットを抱き締めちゃうな!それじゃ物語が終わっちゃうけどね'`,、('∀`) '`,、

すれ違う夫婦のもどかしい感じからのぉ~、誤解が解けて愛が深まった感じが萌え(о´∀`о) 最初の結婚式より、イギリスへ帰る船上の結婚式の方が断然盛り上がる~( 〃3〃)

 

⚪第何場だったけな?本日のアドリブ。

あ!1幕の舞踏会の前か!

「春だし、リクルートスーツ買ってあげるよ~♪」

「結構だ(-""-;)」

「公安は新入社員入らないの?」

「…まぁ、いずれは(-_-;)」

「困ったら入れてもらおうかな~!1日くらいやってもいいよ~(^o^)」

はける直前には、

「友達100人できるかな~♪」

 アドリブの間はリアルでいいですね!

 

⚪フィナーレ

下手からせり上がってきた後ろ姿のあの人。2番手さんが通例ですが、なぜか一瞬カイちゃん!?と思ってしまいました。もちろんことちゃんだったわけで。

ことちゃんのひとかけらの勇気も良かったな~♪ショーヴランでは観られなかったことちゃんスマイル(^-^) 目も耳も癒される~(о´∀`о)

そして同じく全く笑顔のなかったロベスピエールカイちゃん。女性陣は、無表情でも美しすぎるロベスピエールに釣られていたと思いますが、ショーでのオラオラ感丸出し&不敵な笑みからの~ドヤ顔カイちゃんにも釣られたでしょう。カイちゃん、悪い顔してたな~(* ̄ー ̄)笑

 

ということで、スカピンはフランス革命直後の物語としか知らなかったので、1789のような少し重い内容かと思っていました。が、終わってみればスーパーハッピーエンド。笑える場面もあれば、しっとりな場面もあり。愛と正義のバランスが絶妙!

夫婦愛だけではなく仲間との友愛、無実の者を救おうとするひとかけらの勇気と正義、捕まえたショーヴランを殺さない慈悲…スカピンの世界は愛で溢れている!

ロミジュリや王家に捧ぐ歌は愛の比重が重め、1789は正義?信念?の比重が高め。スカピンは愛も正義も信念も貫く最高のバランスです!

 

悲恋物は、愛を貫いたり愛を受け入れてもらったことに対して良かったと思う反面、死んでしまったり今生の別れに、やはり悲しくなります(T0T) 金色の砂漠や王家に捧ぐ歌・星逢一夜の感じ。この3作も大好きですけど、胸がとても苦しくなります。

 

やっぱりハッピーエンドっていいですね!観終わってスッキリします。素直に笑顔になる。私の好きな演目トップ5に入り!

 

⚪最後に

今までは、元気があれば何でもできる気がしていました。by猪木ボンバイェ

スカピン観劇後の今、人は、ひとかけらの勇気と信念、それに愛する人がいれば大体の事ができそうな気がしてきました。

明日からも、ひとかけらの勇気がある限り頑張ろうと思えた公演でした。

 

つづく