読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wind-troupe/風組’s blog

斬新な形で宝塚にハマり、普通とはなんだか違う角度から宝塚を楽しむ竜宮子のブログ★小学校・野球、中学・バスケ、高校・ソフトボール、社会人・バレー/ボード/空手。車・バイクも好き。という、宝塚の「た」の字もない人生からの劇的な出会い★日々宝塚♪時々ただのアホアホ日記♪

2001年5月12日

サボり癖がつきそうです。宮子です。

サボり癖ってのはブログの、です。GWに多忙(遊び)につき5日間更新しませんでした。それが癖になって、GW後も更新したりしなかったり。逆に今までよく毎日更新してたなぁと。ネタと時間があったってことですね(^_^;)

ということで今後は、毎日更新という暗黙の目標は置いておいて、自由気ままに楽しく書いていきま~す♪

 

2001年5月12日。

私はこの日の事を一生忘れません。以前も書いたかもしれませんが、毎年この日が来ると思い出さずにはいられません。

今から16年前の昨日、高校最後の大会でした。ソフトボール部でした。

2こ上の先輩方がルーキーズの女版のような方々で、茶パツ・ピアス・化粧・まさかのルーズソックスで練習という、運動部にあるまじき外見でした。もちろん県下で最弱だったでしょう。

それを立て直した1こ上の先輩方。それを引き継いだ私達は、そこそこ勝てるチームになっていました。

しかし他校には、ヤンキー弱小チームのレッテルを貼られたまま。対戦相手が私達だと知って喜んでいるだろう相手の鼻を、ものの見事にへし折ってやろうとワクワクしていたのは私。それだけ私は「このチームなら勝てる」、そう信じていました。

あんなに「試合に対してワクワクした事」は、それまでにもそれから今までも、あの時以外ありません。不思議な感情だったなぁ(^^)

 

試合の詳細については割愛させて頂きますが、結果は6対7×の劇的なサヨナラ負け。私のサヨナラエラーでね。

ただ、か!な!り!競った良い試合でした。字の如く本当に劇的な試合展開と最後だったので、負けて悔しくて泣いていた私達以外にも、応援に来てくれていた親や兄弟まで泣いていたようです。

 

チームは9人しかおらず、適材適所の本当に良いチームだったので、私はこのチームで勝ちたかった。でも、それ以上に負けて良かったと思っています。なぜならば、あの時勝っていたら私の鼻がピノキオのように伸びて折れていたからです。

 

私は小学生の時に野球をやっていたからこそ、高校からソフトを初めた子よりできる。特に私の地域ではソフトは高校から始める子が大半。必然的に目立つわけで。ローカルエリアでですけどね。先生にも「県選抜に名前は上がってる」と言われましたが、実際には選ばれてないという微妙なところ(^o^;) 

そんなこんなで、私の鼻は入部した1年の時から伸び始めていました。

 

あの日勝っていたら私の鼻はもっと伸びて、それはそれは嫌なヤツになっていたと思います。

負けて泣いて立てない私を責める人は誰もおらず、逆に「なんで泣いてるの?」「よくやったよ」、顧問の先生は無言で頭をガシガシ。

 

負けた事で己の非力さや仲間の大切さを切に学べました。勝っていたら今ほどソフト部を大切に思えなかったかもしれません。だから、負けて良かった、本当に。

 

5月12日、世間では普通の日ですけど、私にとっては大切な日なんです。来年もブログを続けていれば、また多分書きます。なんて言いつつ、今日は5月13日なんだけどねー'`,、('∀`) '`,、

 

はい。

私の青春にお付き合い頂きまして、ありがとうございました(^-^)

 

おわり