wind-troupe/風組’s blog

斬新な形で宝塚にハマり、普通とはなんだか違う角度から宝塚を楽しむ竜宮子のブログ★小学校・野球、中学・バスケ、高校・ソフトボール、社会人・バレー/ボード/空手。車・バイクも好き。という、宝塚の「た」の字もない人生からの劇的な出会い★日々宝塚♪時々ただのアホアホ日記♪

諦めたら、そこで試合終了

スラムダンクが大好きです。宮子です。

10歳の時にテレビアニメで見たスラムダンク。最初、不良が出てくる男子のアニメだと思ったら…いやいや、爽やかすぎるバスケのアニメではあーりませんか!

スラムダンクで日本中がバスケブームになり、それに思いっきり乗っかって朝・昼の休み時間をバスケに費やしました。

その熱のまま中学でバスケ部に入った私。小学校で少年野球をやっていたため、中学でも野球部に入ろうか迷いましたが、中学ともなれば体格差は歴然。ついていけないと思いバスケ部に入りました。

 

こうして私のバスケの原点となったスラムダンク。名言がいくつもありました。

マニアックなところで言うと、湘北が日本一の山王工業に勝った瞬間の1コマ。歓喜に沸く選手や応援団の中で、1年の石井君が泣きながらボソッと言った一言。

「湘北に入ってよかった…涙」

私のツボです。

 

高校ではソフト部に入りました。しかし、1年の上半期は2こ上の先輩達がゴタゴタしていて練習もままならず。引退試合もそれはそれはヒドイ内容でした。まるで先輩達の2年を表現したかのような、ね(-_-;) だから思っていました。

「ソフト部に入らなきゃよかった。」

 

そんな低迷していたソフト部を立て直した1こ上の先輩。いい状態で私達にバトンを渡してくれました。

それからずっと仲良しなソフト部。今までもこれからもきっとず~っとね。ババァになってもね( ´∀`) 1人の悲しみは皆で分け合って、1人の喜びは8倍になる。はぁ~、なんていい仲間達なんだ(*T^T) 気持ち悪いくらい自分達で自分達の事が大好きな集団。

ソフト部会をすると毎回思います。

「ソフト部に入ってよかった。ソフト部を辞めなくてよかった。」

あの時辞めていたら今はない。絶対にない。彼女達なしの人生なんてつまんない。人生をやり直すとしてもまたソフト部に入るし絶対に辞めない!

 

はっΣ(゚Д゚)

話が脱線しすぎましたΣ(;゚∀゚)ノ

今日は何が言いたいかって、諦めたらそこで試合終了だよってことです。by 安西先生

 

先日の事。

仕事で7:30に家を出なきゃいけないのに、起きたのが7:36だったんです。諦めずに準備をして7:46に家を出て、会社についたのが8:01。ふぅ~、間に合った~( ̄▽ ̄;)

 

ということで、寝坊しても諦めずに準備して出勤しましょう!

'`,、('∀`) '`,、

 

おわり