wind-troupe/風組’s blog

斬新な形で宝塚にハマり、普通とはなんだか違う角度から宝塚を楽しむ竜宮子のブログ★小学校・野球、中学・バスケ、高校・ソフトボール、社会人・バレー/ボード/空手。車・バイクも好き。という、宝塚の「た」の字もない人生からの劇的な出会い★日々宝塚♪時々ただのアホアホ日記♪

A Motion遠征日記②~本当に致命的な忘れ物~

昨日は年に1度の拷問の日。宮子です。

資格がなければ話にならない私の仕事。1年に2度、資格更新の講習があります。秋にある2度目の講習は4時間ですし、議論してみたり現場で検証したり等なので眠くなりません。

しかし、昨日の講習は午前午後3時間の計6時間。しかもオール講話(-""-;) 業界関係者(お偉いさん)のお約束の堅~い話から始まり、毎年当番で各所長のお話に外部講師の方のお話等々。

ユーモアのある所長さんでしたら、それなりに面白く話してくれるのでギリ寝ない程度。軽度の苦痛で終わります。

当たり外れの差が大きいのが外部講師。今までに全く眠くならなかったのが、元・岡谷工業高校バレー部監督で、当時は創造学園高校バレー部の壬生監督のお話。

高校バレー界ではとても有名な監督で、全国制覇多数。その栄光の陰の苦労話や生徒に支えられた感動話など、涙を流しながら聞く人もいたくらい良いお話が聞けました。

今年は大外れ(-_-;) テーマはジビエについて。

ジビエとは、天然の動物(鹿や猪など)を狩猟によって捕獲して食べる事のフランス語らしいです。

内容は割りと面白いはずなのに、話し方がお上手でないのでまぁ~眠い眠い(=_=) 吐き気がする程の眠気。重度の苦痛である。

寝て良い講習など存在しませんが、寝るなと言うのがムリな講話でした。そんなんがまた来年もあるんだよな~(´ω`)トホホ

 

さぁさぁ!昨日に引き続き、絶っ対に眠くならないA Motion(Act1)の感想です!

※ネタバレ満載です。ご注意ください!

 

致命的な忘れ物

それはオペラを忘れた事です(*_*)

着席してすぐ、サザエ先輩に「一応オペラ持ってきたんだけど、持ってきた?」と聞かれるまで、全く頭になかったオペラちゃん。忘れていたというよりか、いつもの観劇と今回が違うものとして捉えていて、オペラがリンクしてなかったんです(^-^;)

「全体像を見ればいいか」と気持ちを切り替えた次の瞬間!どよめきが起きる1階席ヾ(゚д゚;) 何々!?何が起きたの!?そして悲鳴にも似た歓喜からの拍手!

はっΣ(゚Д゚;) 誰か観劇に来たんだ!

誰々(´□`; 三 ;´□`)!?と、2階席の7割が立ち上がって1階席をオペラで覗く覗く'`,、('∀`) '`,、

「チエさん!?」という声も上がりましたが、いや、それは違う。「休演日だからね~」の声から、まさかみり男さん!?

私から見えたのは、金髪ショートで白いジャケットの男役さん。その後方に4名程いらっしゃいましたが、とにかく誰かわからない。こんな時にオペラがあったらなー!なぜ私はオペラを忘れたんだ〰!こんな大事な時に!

私が今までに見聞いた中で1番の歓声(悲鳴)と拍手だったので、大物に間違いないと思っていたら…巴里祭メンバーだったようです。そりゃ~真風さんが来たら悲鳴上げちゃいますわ~( 〃▽〃)

歓声が上がっていた際、何か場内放送が流れましたが全く耳に入りませんでした'`,、('∀`) '`,、

 

⚪カッコ良すぎるプロローグ

どよめきが残る中始まったA Motion!バイクのエンジン音が流れた時、ハーレーの1,300ccクラスの音だな(* ̄ー ̄)という、どうでもいい事を1人感じていました。そんな人、絶対いないだろうな'`,、('∀`) '`,、

そこから一気に弾けるように始まったコンサート!

 

⚪オペラがなくても

まぁ様のキラキラが目に飛び込んでくる。テーマソング?がノリが良くてカッコ良くて…開演2分で「チケット当たって良かった」と、友の会さんに感謝しました。

 

⚪1番元気なのは3階席

会場を盛り上げるためにまぁ様が客席を煽る。

「1階席の皆さーん!盛り上がってますか~!?」

「キャー(*^▽^)/★*☆♪」

「2階席の皆さーん!元気ですか~!?」

「わ~(  ̄▽ ̄)」

「いやいや、元気ないし。笑 じゃもう1回~!2階席~!元気ですか~!?」

「わーーー\(^o^)/」

「3階席の皆さーん!盛り上がってますか~!?」

キャーーーーーーーーーーッ( 〃▽〃)

⬆1番元気でした!これにはまぁ様もファンもビックリ!恐らく2日目にして既に2回目のお客様=まぁ様会の方々かしら。そりゃ盛り上がるわな~(^-^) 

そして2番目に元気だったのが、

巴里祭のみんなー!盛り上がってますかー!?」

「ワーーーーーーーーーー\(^o^)/」

はい、非常に盛り上がっていました(^-^)

 

⚪齋藤先生ありがとうございます!

歌っているジェンヌさんのカッコイイ&美しいご尊顔と名前が舞台上部のスクリーンに映し出される。それがまたカッコ良くてね~(^○^) ナイス演出です!ていうか、A Motion全てが最高でした!

 

⚪イケメン

とにかくオペラがないので目を細めての鑑賞。まぁ様・愛ちゃん・あっきー・モンチ・りくちゃん・そらくん・翔くんは肉眼で識別できましたが、もう1人超絶イケメンがおりまして。ポジションからして中堅だろうと思いましたが、とにかくイケメンで、ずっと追ってしまいました(*´-`)

家に帰って確認すると恐らく実羚淳くんだと思うんですが、顔もスタイルも本当にカッコ良かったんです!ブログやTwitterでも皆様カッコイイと仰っています。

カイちゃんやら真風さんやら、今までももちろん男役さんを見てカッコイイな~と萌えてきました。ただし、男役=もちろん女子なわけで。あくまで女子枠のカッコ良さ。

しかし、実羚君に対する「カッコイイな~」は、今までに感じたことのない感情。まるで本物の男性を見ているような…

Σ(゚Д゚;)

もぉーしぃ~かぁ~しぃてぇ~、これが恋~、共に生きる~よぉかぁん~♪  byカリスタの海に抱かれて

恋に落ちたかもアタシ( *´艸`) これから追っちゃうんだな~実羚くん(´∀`*)萌

そしてここでもオペラを忘れたことを強く後悔しました。

 

⚪衣装

全体的にカッコイイ衣装が多かった中、FUNK BALLET♪男役さんが、各々の色のシャツとネクタイ、その上に白パーカーと白のパンツ。ちょっとヤンチャな衣装。あれ好き(о´∀`о) それも実羚くんがカッコ良くてね~♪( 〃▽〃)キャッ

 

⚪Re-Birth!

2002年のヒットソングで繋いでいく。

2002年かぁ。私は就職したてで、5月病にかかる暇もなく働いてたなぁ。我が家の貧乏に耐えつつも遊んでたな~。あの頃の思い出が甦りました(^-^)

ズンドコ節では「ま!な!と!」って叫びたかったですけどね、恥ずかしくてできないお年頃。笑

「ま!な!と!」はDVDを買って、テレビの前で1人でやろうと思います(^o^)v

 

ということで、拷問の講習とは比にならないくらいあっという間に終わってしまったAct1。なんでオペラ忘れたかな~(-_-;) 宝塚人生で1番のミスですね。

はい。

明日以降、もちろんAct2も書きまっせ~!

 

つづく