wind-troupe/風組’s blog

斬新な形で宝塚にハマり、普通とはなんだか違う角度から宝塚を楽しむ竜宮子のブログ★小学校・野球、中学・バスケ、高校・ソフトボール、社会人・バレー/ボード/空手。車・バイクも好き。という、宝塚の「た」の字もない人生からの劇的な出会い★日々宝塚♪時々ただのアホアホ日記♪

A Motion遠征日記③~楽しくて切なくて…楽しくて~

如月蓮くんがぁ〰!宮子です。

オームシャンティオームを全日程休演。つまり、お稽古ができないから休演なんでしょう。単なる風邪ならそんなことない。怪我なら怪我と出る。今から体調不良でお稽古できないとなると…

昨日の千秋楽は出演できてたの?

私は良性の腫瘍摘出手術をしたことがあります。開腹手術でしたから、手術前日から仕事復帰まで1ヶ月半休みました。命に関わるものではありませんでしたが、開腹したので回復までに時間がかかりました。

職場に復帰しても重い物を持たないとか、激しい運動はダメなどの制約もしばらく続きました。

考え出すと不安が募るばかり。何にしても治療に専念して頂いて、私達は祈りながら復帰を待つしかないですね(>_<)

 

さて、Act2!の感想です!

 

⚪CLUB A

ASAKA Boy ASAKA Girl が踊り、まぁ様を待つ。いよいよまぁ様登場だと、Boys Girls達が1番高いステージを指差す!

と!?

スルスル~っと舞台の袖から出てきたまぁ様。しかも逃げ腰で。そのナヨナヨな姿にズッコケるBoysとGirls。この昭和臭プンプンで古典的なストーリーに「ははっ('∀`) '`,、」と声を出して笑ってしまいました。

ナヨナヨ眼鏡まぁ様をカッコよくするために出てくる数名の神様。まぁ様が最後までせーこさんを「せーこ!笑」と呼び、せーこさんも必死で「せーこって呼ばないで!笑」と対抗。あれ、やってる本人も楽しいやつです'`,、('∀`) '`,、

 

⚪…if

素晴らしいの一言でしょう。僕は怖いを歌えばロミオに見えるし、ビルにも見える。パーシーにも…。この場面で、今まで抑えてきた「もう少し宝塚にいてほしい」という感情が一気に溢れます。

そんな少しだけ感傷的になりかけた思いを払拭してくれたのは、あっきーメインのランベスウォーク!良かったなぁ!ファンの方も「齋藤君わかってるねー!」と仰っていました(*^^*) 同感♪

 

宙組エリザベートをやると知った時、サザエ先輩と「まぁ様って完全に陽の人なのに、陰のトートってどうなんだろう」と言っていたのを思い出しました。そんな思いをよそに、始まってみれば大成功の宙組エリザベート。チケ難で舞台を観ることはできませんでしたが、スカステやらブログやらで見聞きしたまぁ様トート。見事だったかと。

トートの様にご自身とは真逆の役や、今回のような演じた事のない役でも違和感なく何でもなれるまぁ様。それだけ真っ白な舞台人ということなんですね。

はぁ( ´Д`) 辞めるのやめてくれないかな。

 

⚪抽選会

まぁ様のサイン入りTシャツが当たる抽選会。ポジティブな私はまたも「当たったらどうしよう(;´゚д゚)ゞ」という、無駄な焦り'`,、('∀`) '`,、

その際、Tシャツを紹介する愛ちゃんと翔くん。翔くんがジャケットを半分脱いで、バックプリントを見せてくれる。その時の愛ちゃんと翔くんのやりとりが面白くて!

愛「宙組1、2を争うこの肩幅'`,、('∀`) '`,、シワがない'`,、('∀`) '`,、」

翔「あるわ!」

「1つもない'`,、('∀`) '`,、サイズはLL!?笑」

「Lやーーーーーっ!笑」

これには会場中が笑います( ´∀`) 台本なし?のナチュラトークでの翔くんイジりが面白かったです!

更に、会話が次へ行こうとしているのにもかかわらず、しつこく「LLL!?笑」と聞かれていました。女子の肩幅イジりは可哀想ですけど、でも面白かったです'`,、('∀`) '`,、

 

⚪英語教室

抽選が終わると、今度は涼華まやちゃんによる英語教室の始まり♪

「フェニックスタカラヅカ」は「フィニッツクスタカヅカ」と言うそうで、まやちゃん➡ジェンヌさん➡ファン、という順で発音練習です。更に「ジェネレイションギャップ」の練習もしました'`,、('∀`) '`,、 

 

⚪わかっていても

上記の場面だったか…フリートークチックな時間のあと、まぁ様以外が1人ずつ「私が歌う」「私が歌う」と続け、最終的には全員歌うと立候補し、それを見たまぁ様が最後に立候補。そして全員が「どうぞどうぞ」と譲るダチョウ倶楽部の下り。わかっていても笑えますね(^w^)

 

⚪それ反則

せーこさんが、まぁ様のタカラジェンヌとしての今までを作品名などを絡めて読み上げる。笑いあり涙あり、そして笑いあり。そこからのALONEは反則でしょう。

私、B'zの曲で好きな2トップがALONEかいつかのメリークリスマスです。それをねぇ、まぁ様が歌ったらよぉ!胸が熱くなるに決まってるでしょぅよ!たまんねぇな(T0T)

 

⚪アンコール

鳴りやまない拍手のなかで流れてきた山根康広さんの「Get Along Together」。イントロを聞いた瞬間に鳥肌Σ(゚Д゚;) だってね、大好きなまぁ様が大好きな歌を歌ってくれるんですから。

私、なぜか昭和後期~平成初期の歌(自分の世代よりだいぶ上)が好きで、カラオケで歌うと「いくつよ!?笑」とか「よく知ってるじゃん!」「(歳上の方から)私でも知らないのに(^o^;)」と驚かれ、年齢詐称だとも言われています(^o^;)

ちなみに今覚えたい曲は、さとう宗幸さんの「青葉城恋歌'`,、('∀`) '`,、」

とにかく!つまり!山根さんの歌やALONEは私にドンピシャなんですよ!鋼鉄の涙腺の私ですら泣いちゃうかと思いましたよ!⬅でもやっぱり泣いてない

帰宅後見た情報によると、初日のアンコールは星野源さんのSUNだと知りました。毎回違う曲を歌ってくれるの?そうだとしたら、そんな中でGet Along Togetherを聞けたことは神様に感謝するしかないような奇跡。生きてて良かった~(T0T)

 

ということで、DVD購入は即決ですね!

正直なところ、最近お金がないんです。仕事が閑散期で収入が少ない上にスカピンのBlu-ray買っちゃったし、今月は遠征三昧だし夏のボーナスはとあることに使う。

ただ~、そんな金欠でもDVDは買いまーす!

 

それだけ楽しくて印象的で感動的な最高のコンサート、A Motionでした!

 

ブログはもう1話あるよ~ん

 

つづく